ワクワクがとまらないっ!15着で着回すアラサー主婦の春服選びのポイント

2021/02/28
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

見るだけで心ときめく春服ですが、手持ちの服10着に最近購入した5着を春服スタメンとして迎え入れることにしました。

今回は、アラサー主婦の私が選ぶ15着の春服選びのポイントをご紹介したいと思います。

着回し力よりもワクワクするかで選ぶ

着回し力を考えすぎて、無難にベーシックな形やモノトーン色を選んでしまうことはありませんか?

私もつい白に目がいってしまいますし、それが好きであえて選んでいるなら問題ありませんが、「飽きるかも」「着る勇気がない」という理由で、春らしいカラフルな色を選ばないのは勿体ないかもしれません。

色物を着ると気分も上がるので、今回の春コーデには4着ほど「色」を取り入れてみることにしました。

ベーシックな白シャツでも、少し変わったデザインや今年らしい袖にボリュームがあるタイプを選ぶと、いつものコーデが楽しくなりそうです。

春コーデのポイントは基本の2パターンを抑えておけば悩まない!

春コーデに限りませんが、色物を選びがちな春服は、特にこの2つのポイントだけ抑えておけばOKです。

・トップスが色柄物+モノトーン系のボトムスかデニム
・トップスが白系無地+カラーパンツかデニム

つまり、カラーは基本ワンコーデワンアイテムだけ使うと、誰でも簡単に取り入れることができます。

強めの黄色でも、チュニックスタイルに合わせるボトムスを選ぶことで、ハードルが下がりました。

15着あれば何コーデ組める?

15着の内訳は、
・トップス6着(内ベスト2着)
・ボトムス6着
・アウター3着

です。

「着回ししようとしなくても大丈夫!」な理由は、15着もあれば、固定しても6セット、先程述べた基本の2パターンを意識して組むだけで、20コーデ以上が組めるからです。

お仕事着があるという方は、もう少し減らしても良さそうですし、私服が仕事着になる方はもっと多めに持っても良いかもしれません。

数にこだわりはありませんが、少なすぎると洋服が傷むサイクルが早くなり、多すぎれば処分に困るというデメリットもあります。

自分にとって、総合的に見た「丁度よさ」を見つけることがベストです。

まとめ

以上、15着で着回す春服選びのポイントをご紹介しました。

少ない数だと、オシャレを楽しめない?
答えはノー。
15着でも20コーデ以上は組めますし、本当に自分が着たい服だけを選ぶことで満足度を上げることにも繋がります。

明るい色にも挑戦しやすい季節です。
いつもとは違ったアイテムに挑戦して、気分が上がる春服コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中