転勤族のシンプリストが実践した!引っ越しが決まったら即やるべき3つのこと

2022/04/14
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

シンプルでストレスフリーな暮らしを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

引っ越しはやることがたくさんあると思いつつも、いざ決まるとなると何から始めれば良いのか分からないと思う人も少なくはなさそうです。

そこで、最近引っ越しをした転勤族のシンプリスト主婦が、引っ越しが決まってから即実行した3つのことを伝授いたします。

1.消耗品を最低限まで減らす

まずすぐに実行できることは、今ある消耗品意識してを使っていくことです。
そして、消耗品が減っても買い足さないことを徹底してみて下さい。

例えば、我が家は1週間分の非常水の備えがありますが、持っていくことはとても負担になるので一時的に減らすことにしました。

日常生活に支障をきたさない範囲で消耗品を減らしていきましょう。
なくせない物に関しては、サイズダウンをすることをオススメします。
化粧水は今まで大きいボトルに入ったものを使っていましたが、使い切ったタイミングで旅行用のミニサイズの化粧水に買い替えました。

2.消耗品以外も手放す

約1ヶ月半という短期間で本当に多くの物を手放しました。
使っていない物や壊れている物を手放すのはもちろんですが、今まで使っていた物でもスペースの関係で置けなくなる物もありました。
例えば、テラスセットやテレビ台などです。

短期間で一気に手放したければ、買い取りサービスや掲示板アプリ「ジモティ」を使う方法がオススメです。ジモティの出品では、希望者がすぐにつけば、当日中の引き取りも可能でした。
粗大ゴミに出せばお金がかかるものでも、次に使ってくれる人がいれば精神的にも負担が少ないですね。

3.新生活に必要なものを探す&調べる

いち早く動いたことは、「新居を決めること」と「車を探すこと」でした。
賃貸物件はタイミングがあるので、早く動いたもの勝ちです。運良く、引っ越しが決まってから3日後に条件の合う物件に出会うことができました。

車については、車屋さんに出向き、プロの話を聞くのが1番早かったです。
直接聞くことで知らなかった情報も入り、車種や購入タイミングの方向性を決めることができました。

新居でそろえるものも、早めにリサーチしておき候補を決めておくことで慌てません。

引っ越しが決まったら即やるべきこと3つ

引っ越しが決まったら即やるべきことは、

1.消耗品を最低限まで減らす
2.消耗品以外も手放す
3.新生活に必要なものを探す&調べる

でした。
引っ越しは持ち物を見直すチャンスでもあります。
必要な物だけ持っていくことで、その後の荷造りや荷解きも負担が少ないです

やることがたくさんある分、優先順位を立てていくことが重要です。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中