おうちでストレス解消!シンプリストイチオシの癒しアイテム5選

2021/04/11
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

おうちで過ごすことが長くなりましたが、居心地の良い空間をつくるのに癒しアイテムは欠かせません。

そこで今回は、引きこもりでもストレスフリーで過ごすシンプリスト主婦が、イチオシの癒しアイテム5つをご紹介していきます。

観葉植物

代表的ですが、「観葉植物」は欠かせません。
以前は、100%植物を枯らしていまさたが、物を減らし、余計な雑貨を持たない代わりに植物を置いたところ、育てられるようになりました。

雑貨と違い、

・飽きにくいところ
・インテリアを選ばないところ

が気に入っており、物欲高めな人ほど置いて欲しいアイテムです。

ホームセンターでは、200円ほどで売られている小さな観葉植物もありました。
必ずしも大きい植物を選ぶ必要はありません。

お花

これも観葉植物と似ていますが、異なる点は「いつか枯れる」ということ。

つまり、季節や気分によって雰囲気をコロコロ変えられる点がメリットです。
また、リビングだけではなく、トイレや洗面所など、狭い場所にでも飾りやすいメリットもあります。

おうちに変化が欲しい場合に気軽に取り入れやすいアイテムです。

モビール

小さなお子さんがいるご家庭に取り入れて欲しいのが「モビール」です。

・手が届かない
・紙製が多く安全
・ユラユラ揺れる楽しさ
・インテリアのアクセントになる

これらが、モビールの良さです。

モビールはキッズインテリアのイメージがありますが、大人でも楽しめそうなモノトーンやモダンなデザインのものも豊富なので、お気に入りの1点を見つけていただきたいです。

間接照明

いつもの天井照明を消して、間接照明をつけるだけで雰囲気がガラッと変わります。

間接照明というと、夜につけるイメージがありますが、日が入らない日中や朝夕にも使えるので、意外と出番が多いです。

また、お風呂の照明を消して持ち運びの出来るソーラー式の間接照明ひとつで、癒しの時間を過ごすことができるので、1つあると様々なシーンで活躍します。

ワイヤレスイヤホン

「もっと早く買うべきだった!」と後悔するほどイチオシなのが、「ワイヤレスイヤホン」です。

わが家にはスピーカーもありますが、外部からの音の影響を受けやすい時は、ワイヤレスイヤホンをつけながら家事をすることもあります。

例えば、家族が近くにいる時や音が出る家事をする時。
掃除機や料理中でも、音がしっかりと聴き取れるので自分の世界観に入り込むことができます。

癒し効果の高いヒーリングミュージックがオススメです。

まとめ

以上、おうちでストレス解消できるシンプリストイチオシの癒しアイテム5つをご紹介いたしました。

・観葉植物
・お花
・モビール
・間接照明
・ワイヤレスイヤホン

でした。

癒しアイテムは居心地の良い空間をつくることにも繋がります。
自然とお部屋で気持ちを浄化してくれるアイテム選びで、ストレスフリーな暮らしを手に入れませんか。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中