殺風景な部屋をイメチェンしたい!気軽に取り入れられるアイテム3つ

2021/09/03
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

シンプルでストレスフリーな暮らしを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

シンプルな空間にしたつもりでも、気づいたら殺風景になりすぎていることはありませんか?

「たまにはイメージチェンジしてみたい!気分を上げたい!」

そんな人にオススメの気軽に取り入れられるアイテム3つをご紹介いたします。

1.観葉植物

観葉植物は、センスを問われずオシャレ度をアップすることができます。
また、オシャレなだけでなく、空気清浄効果や癒し効果もあるので、ぜひ日常に取り入れたいアイテムです。

ホームセンターでもお手頃な値段で販売されています。
約4年前に小さなウンベラータを500円で購入しましたが、こんなに大きくなりました。
成長も楽しませてくれ、長持ちするのでコスパも良いですよ。


「いつも枯らしてしまう」「お手入れが苦手」だというかたは、フラワーベースに入れるだけの枝ものがオススメです。

2.布

カーテンの代わりに、雑貨屋さんで1,000円で購入したリネンの白い布を吊るすだけで、垢抜けた印象になりました。

飾っている柄の絵も、実は布をフレームに入れただけのものです。
布であれば保管もカンタンで、不要になればフリマアプリでハンドメイド材料として出品したり、リメイクもできます。

殺風景な部屋にはお気に入りの布を飾って気分をアップさせましょう。

3.インテリア性がある普段使いのもの

オシャレなインテリアにしたい時、わざわざ雑貨を買い足す必要はありません。

インテリア性のある普段使いのものを置くだけでよいのです。
今回は、「1人がけチェア」「スツール」「ブランケット入れ」「花瓶」「ランタン照明」などで対応してみました。

普段から、置きっぱなしにするものは機能性だけではなく、デザイン性も気にすることで、生活感のあるお部屋の印象を回避することができます。

気軽に取り入れられるアイテムまとめ

1.観葉植物
2.布
3.インテリア性がある普段使いのもの

でした。

取り入れられそうなアイテムを見つけて、気分が上がるくつろぎ空間をつくってみましょう。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中