アイロン下手でも大丈夫◎クリーニング代は減らせる!【輝く50代に向けて……暮らしとココロの整え方】

2021/06/17
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>


 今回は、支出を減らすため、クリーニング代に注目!!我が家はスーツを着る人が二人。私も、日常着より仕事着の方が多めです。それらすべてをクリーニングに出したら、恐ろしい金額に……。衣替えを終えたこの季節、コツをつかめば、衣類のお手入れは自宅でできます。

【買う時には洗濯表示をチェック!】



 購入する時には、洗濯表示を見ます。ドライクリーニングしかできないものは、避けた方が無難です。手洗い用の洗剤は200円ほどで手に入りますし、手洗い可能の表示があれば、洗濯機におまかせで洗うことができます。



【コツは脱水時間を短くすること】


洗濯をする際には

①衣類は洗濯網に入れる(他のものとこすれて、生地を痛めないため)
②我が家であれは「上質クリーニング」という洗濯モードを選択。
③皺がつかないよう、脱水時間は自己設定で短めに。

【ハンガーは肩回りの厚みを重視】



 衣類の形を崩さない為、我が家では10年以上同じ厚手のハンガーを使っています。ここまで厚手でなくても、スーツなど、形のキープが必要なものは、ハンガーの肩回りに厚みがあるものを選ぶといいでしょう。皺は干すときに伸ばしておくと、そのひと手間で、アイロンがけが短時間で済みます。



【蒸気アイロンは強い味方】


 蒸気アイロンは、我が家の強い味方です。衣類をハンガーにぶら下げたままかけることができ、上手も下手もなく、皺が自然に伸びてくれます。少し湿り気が残った状態でかけた方が、皺が取れやすく感じます。
これにハマったのが夫。Yシャツに自分でアイロンがけをするようになり、クリーニング代が浮きました。他にも、衣替えの際や出かける直前に「はっ」と気がつく、たたみ皺を取るのにも最高です!!



この記事を書いたのは……若松美穂
            心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイスト

現在、心理学講座やお話聴きます【個人カウンセリング】・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を、対面・ZOOMで開催。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる人間関係全般・家計に役立つ情報を発信しております。


計算中

関連するキーワード