20代で家を購入するメリット・デメリット!実際に建ててどうだった?

2021/04/14
  • 働きながらすっきり暮らすため簡単掃除&収納術を模索しています。DIYと100均が好きです。もっと見る>>

こんにちは!「いかに家事をく楽にするか」ばかり考えるズボラ主婦。
1才児ママのサンキュSTYLEライターのじゅんです!

皆さん住宅事情ってどうされてますか?マイホームや賃貸、同居などいろいろな生活スタイルがあると思います。

私は夫婦ともに20代半ばの頃にマイホームを購入したのですが、実際に建ててみて早くに家を建てるメリットもデメリットも感じたのでご紹介したいと思います。

20代で購入を決意した訳

我が家は夫婦ともに、会社からの住宅補助がなくアパート代や駐車場代で毎月多くの出費がありました。

・毎月たくさんのお金を資産にならない賃貸にかけるよりは住宅ローンとして支払いたかった
・夫が次男なので将来的に同居の予定がなかった
・音の響くアパートだったので子育てに不安があった
・地方なので土地は購入しやすかった

主に上記の理由から、早めのマイホーム建築を計画しました。

早くにマイホームを購入するメリットは?

20代で家を購入するメリットは、【余裕のある住宅ローンの返済計画を建てられる】こと

25歳から住宅ローンの返済がスタートすると、35年ローンでも60歳でちょうど返済が終了する計算になります。これが35歳からの35年ローンだとすると、ローンの終了が70歳なので、繰り上げ返済も視野に入れなければいけません。

子育てがしやすい

小さい赤ちゃんのうちは夜泣きも多かったですが、戸建てなので近所迷惑にならないかと気にせずにすみました。また動き回るようになってもアパートよりは広々と動けるので安心して見守ることができました。

もちろんデメリットもあります

頭金やローンの借入額が少なくなる

20代で住宅を購入すると頭金があまり貯められなかったり、年収もまだ低い年代なので住宅ローンの借入額が少ないこともあり希望通りの住宅を購入できないこともあります。

子育てをする中で、間取りや配置に不満が出る

子供を生む前にマイホームを建てたのですが、実際に子育てをしてみると「もっと違う間取りのほうが良かったかも」、「ここに子供の物が置ければいいのに」「こうした方が子供が大きくなったとき勉強や遊びがしやすかったかも」と間取りや配置に不満が出ます。

間取りなどは実際に子育てをしてからでなければ気づけられない事もあるようです。

まとめ


いかがでしたか?何事にもメリットデメリットはありますが、私は総合的に見て20代でマイホームを購入して良かったと思います。

これから住宅の購入を考える方や、家族の方の参考になればと思います。


◆記事を書いたのは・・・じゅん
ずぼらながらも働きながらスッキリ暮らすために奮闘中のワーママ。
100均アイテムを使った収納術。楽々お掃除などをご紹介します。


計算中