服好きミニマリストが春服にかけた金額が『21,513円』の3つの理由

2021/04/01
  • ズボラミニマリスト、5歳・3歳の男の子ママ。ズボラなりの身軽で気軽な暮らしを目指しています。もっと見る>>

転勤妻・6歳4歳のやんちゃ兄弟のママ。
サンキュ!STYLEライター・ズボラミニマリスト主婦の村田です。

タイトルにある通り、私が今シーズンの春服にかけた金額は、
21,513円!!
どう考えてもミニマムな金額ではないのですが、私はこれを良しとすることで
ミニマルライフを継続できています。
その3つの理由についてご紹介したいと思います!

好きなモノはたくさん持っていたって良い!

私は昔から服が大好きで、学生時代はユニクロでアルバイトをしていました。
ミニマリストになっても、服だけは多めに持っています。
それは好きなモノまで減らしてしまったら、人生の楽しみまで減っちゃう気がしたからです。
私がミニマリストになった理由は、『毎日をラクにしたかった』から。
毎日をラクにするために、好きなモノまで手放してしまったら元も子もないと思うのです。
なので好きなモノ(私の場合服)は多めに持ってよしとして、その他のモノは可能な限りミニマムにしかもたないようメリハリをつけるようにしています。

春服と秋服は兼用

服好きミニマリストとは言え、それなりに少ない服で着回したい私は、
春服と秋服は兼用するようにしています。
今や春も秋も以前より短くなって、春服秋服の着る期間が短くなっています。
春服は秋になっても着られる服を、逆に秋服は春でも着られるようなものを選ぶようにしているんです。
去年は秋が短くて(私の感覚では)冬が早く来たので、あまり秋服を購入しなかったので、
その分この春は多めに服を買っています。

お金の使い方にもメリハリをつける

コロナ禍になって、以前とはお金の使い方がガラっと変わりました。
我が家の場合は、ほぼ外食もしなくなり、大好きな旅行も昨年は0だったので、
娯楽にかけるお金が減りました。
その分を、好きなことにお金をかけるようにして、日常のストレスを発散するようにしています。
お金もミニマルライフもメリハリがとても大事です。
コロナ禍で行動が制限される毎日。
好きな事にはメリハリをつけてお金をかけて、毎日を楽しくできるようにしたいなと思っています。

まとめ

私が春服にお金をかけた3つの理由、
①好きなモノはたくさん持っていて良い
②春服は秋服と兼ねる
③メリハリあるお金の使い方
のご紹介でした!
日に日に暖かくなってきて、春服がたくさん欲しくなる季節になりました。
これからの春服のお買い物の参考になれば幸いです!

少ない服でおしゃれを楽しむコツはこちらの記事でもご紹介しています!

この記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライター・村田エミ。
暮らしに『ミニマリスト』を取り入れて、ズボラでめんどくさがりな私でもできる、
合理的・効率的な暮らしのコツや工夫を発信していきます。

計算中

関連するキーワード