食べたらハマる!手で皮がむけるオレンジ!?「ダブル・マーコット」

2021/06/04
  • 野菜・果物をおいしく食べてキレイに健康に!野菜ソムリエプロと管理栄養士の資格をもつ2歳男の子のママ。 もっと見る>>

野菜ソムリエプロで管理栄養士のサンキュ!STYLEライター小島香住です。

最近スーパーでも見かけるようになった「ダブル・マーコット」という果物をご存知ですか?鮮やかなオレンジ色の柑橘で、”皮がむきやすい”ことを謳いにして売られていることが多いです。

まだ聞き慣れない方も多い果物なのですが、1度食べたらハマること間違いなし!その手軽さとおいしさをご紹介します。

ダブル・マーコット

「ダブル・マーコット」はオレンジ(スイートオレンジ)の品種のひとつ。
皮は親しみのあるネーブルオレンジやバレンシアオレンジよりも濃いオレンジ色をしていて、凹凸も少なめでツヤツヤしています。大きさはみかんよりも小ぶりで、子どもの手のひらサイズくらい。

トマトと大きさを比較してみても、ご覧の通り。小さくて丸々とした形がかわいらしいですよね。

気になるむきやすさは?

一般的にオレンジは皮がかたく、厚みもあるため包丁でカットするのですが、ダブル・マーコットは皮の薄さが特徴。商品パッケージには「手で皮がむけるオレンジ」と書かれていることもあります。

小ぶりなこともあり、包丁でカットせずに手で直接皮をむいて食べることができるのです。ハリとツヤがしっかりしているので、手に持った感じではかたそうですが、簡単にむくことができます。

房を取り出してみると、もうこれはみかんと見間違えるほど!種もないので、パクっと丸ごと食べることができます。


ちなみに、このむき方はみかん農家さん直伝。皮だけをむいていくより断然むきやすいので、以前ご紹介した記事をご参照ください。

濃厚でジューシー

ダブル・マーコット、見た目は小さくても、味はとっても濃厚!甘みが強く香りもしっかりありますが、程よい酸味もあり後味はスッキリしていてバランスの良さも魅力です。
さらに、果汁の多さにも驚きです。カットしないで食べられるからこそ、たっぷりの果汁を余すことなく楽しむことができますよ。

“ダブル”は種のない品種

ダブル・マーコットは種がないとご紹介しましたが、“ダブル”のつかない「マーコット」という柑橘もあります。こちらは種のある品種ですので、召し上がる時には気をつけてくださいね。

お弁当やおやつにも

小ぶりで種もなく、手で簡単にむいて食べられるので、お弁当やおやつにもおすすめ。みかんが流通しない今の時期には、みかん感覚で楽しむこともできますね。
手で皮がむける「ダブル・マーコット」、その濃厚でジューシーなおいしさを味わってみてください。


◇記事を書いたのは・・・小島香住(こじまかすみ)
野菜ソムリエプロ&管理栄養士。男の子(1歳)のママ。子育てをしながら、野菜・果物を“おいしく食べて” “キレイに健康”になるレシピや保存のコツを紹介しています。

計算中