【収納】吊るして浮かせるだけ!衛生的で家事効率アップ

2020/11/22
  • 主人、息子(10歳)、娘(8歳)の4人家族。すっきり片付いた清潔なおうちづくりを目指しています!もっと見る>>

こんにちは!
家族が大好き、のんびりポジティブ主婦のサンキュ!STYLEライターいつきです。

「吊り下げ収納」や「空中収納」といわれる収納方法をご存知でしょうか。
直置きしないので掃除もしやすく、衛生的で家事効率もアップする画期的な収納方法です。

今回は、この浮かせるだけ!の簡単な収納方法の実例をご紹介いたします。

代表的なお風呂収納

家の中でも特にカビやぬめり、水あかが発生しやすいお風呂。
吊るして空中収納することで、水気がよく切れて衛生的に置いておくことが出来ます。
物が少ないに越したことはないのですが、壁面を利用することでスペースの有効活用にもなります。
定位置が決まっているので、散らばることもありません。

まだ改良の余地有りですが、使っているアイテムはこちらです。
左から、マグネットバスルームフック(tower)
ハンギングステンレスピンチ(セリア)
ステンレス泡ボトルハンギングフック(セリア)
シェーバーホルダー(セリア)
マグネットフック(ダイソー)

100均でも多くの吊り下げ収納アイテムを販売しているので、取り入れやすいですね。
お風呂用ではないマグネットタイプを使用すると、錆びる可能性があるのでご注意下さい。

お風呂のイスはニトリです。
バスタブに引っ掛けておけるタイプなので、こちらも直置きしないように意識しています。
通気性が良いので衛生的です。

勝手口の道具収納

勝手口には掃除道具やカバンが吊り下げ収納してあります。
こちらもお風呂と同様に、収納する定位置が決まっているので散らばることはありません。

使っているアイテムはこちらです。
ハンギングステンレスピンチ(セリア)
ストッパー付きS字フック(セリア)

掃除で使用したウエスやハケも、吊り下げ収納することでどこに何があるのか一目瞭然です。
突っ張り棒を利用したり、マグネットで取り付けたり、吊り下げ収納は自由自在です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

◆記事を書いたのは・・・いつき
家族が大好き、のんびりポジティブ主婦
毎日の簡単お掃除やおすすめグッズ、おうち時間を発信。

計算中