○○をなくして食費を抑える習慣とは?

2021/03/23
  • 食べることが大好きなOL×主婦です。おいしい、幸せ!を大切にしています。もっと見る>>

こんにちは!食べることが大好きな28歳兼業主婦のサンキュ!STYLEライターsaoriです。

食費をあげてしまう原因、それは食材を廃棄してしまうこと。せっかく安く買っても、賞味期限切れで使いきれないともったいない〜。

無駄をなくし、さらに買い物の時間も節約できる習慣4つ、ご紹介します!

買わなきゃ!と思った時にスマホにメモ

「もうすぐ調味料がなくなるな」「この食材買っておこう」と思ったときに、スマホにメモ!スーパーで、何買うんだっけ?と悩んだり、買い忘れたりすることがなくなりました。買うもの全てメモしなくても、思いついたものだけでOK。買い物のストレスがゼロになりました!

買い物は週に1度

買い物の頻度が多いと余計なものを買ってしまい、知らぬ間に食費がかさんでしまいます。実際、週1回の買い物でも意外とあるものでなんとかなります。廃棄もなく、毎週冷蔵庫がきれいになっていくのは気持ちがいいです。

1週間分買うことで、あちこち買い物に回る負担もなくて済みますよね。

お米や肉はふるさと納税を活用

お米とお肉は、ふるさと納税を活用すると便利。何キロものお米を運ばなくていいし、毎日のご飯がおいしい!定期便にすると、何ヶ月かごとに分けて配達されるのでおすすめです。お肉もまとまって届くと買い物の負担がなくなるし、いつもよりいいお肉で贅沢気分。

シンプルな習慣ですが、食材の廃棄はほぼゼロで、夫婦2人の食費は嗜好品を入れても2〜3万円。「無駄にしない」ことで、お金も時間も節約でき、エコにもなっていいことだらけです。やってみると意外と困らないので参考にしてみてください。

◆記事を書いたのは・・・saori
28歳の兼業主婦。働きながら楽しめる暮らしを目指しています。

計算中

関連するキーワード