プロシェフメッキグルメ料理

パテシエVSコック【KALDI】アレを使わないなんて!!!

2020/09/03
  • 工夫するのが大好きな元デザイナーで元料理人。2児のママで、出産を機にカメラ始めました。料理写真やフォトスタイリングが得意です。もっと見る>>

「フランス料理のコックさんだったんだ!」なんて言うと第一声に頂くのが 「毎日すごいもの食べていそう」「料理美味しそう!!」っていうコメントです。とっても豪華なイメージがあるみたいだけど、料理人こそ自分達の食べるものは意外と地味で質素なものが多いんだけどなぁ~。

お店にいた頃は、フランス料理やさんだと、「賄いランチ美味しそうで羨ましいな」なんてよく言われました。毎日フランス料理だったら食いしん坊の私は嬉しいですが、それだとお店がつぶれてしまいますね。

実際のところ、野菜の切れ端だったり、下処理した残りの食材を使って工夫して賄いを作ることが多いです!ちょっと主婦に近い感覚でしょ?だからなのか、今でも野菜の皮や端っこ野菜でも料理をつい作ってしまいます。

「フランス料理!?」って良く驚かれますが。

料理人とパテシエ職人

それから料理人って、実はパテシエさんと違うところがすごくあるんです。どっちも料理作る人、ってことで似ていると思われがちですが‥ 決定的に違うなと思ったのは 料理人って「すっごくおおざっぱ」。

こんな話をしたら師匠に怒られちゃうかもしれないですが‥。

料理人(コックさん)は大雑把ではあるけれど、全体を見てバランスを取る。味もそうですが、水の分量など 天候や気温、季節にとても左右される仕事なのでその時に合わせて臨機応変に対応しないといけない。だからあまり細かさはそんなに重要ではないのかな、と思います。

逆にパテシエさんって、「○○℃」にしないとと溶けないとか「〇グラム」じゃない固まらないとかすごく細かくて仕事が繊細ですよね。その通り作らないと上手にできないなんて結構あるそうで、私みたいなズボラさんにはパテシエさんにはなれないなぁなんていつも思っていました。

似ているけど全然違う⁉

パテシエさんのお菓子の世界では全部の材料をきっちり計量して見た目もきっちりすてきに作りあげちゃうんだけど料理人(コックさん)って真逆。

「目分量」とか「だいたいこの位」って感じで結構アバウトが多くて、だからレシピを出す時いつも感覚なので大変です。お菓子だと決定的に作り方から違っているので面白いのかも。ネットやレシピ本にあるお菓子の作り方はパテシエさんの作るお菓子なのでちょっと敷居が高いし‥難しそうに思える部分もありますよね。(実際私も作るの難しそうに感じるものもあります)出来上がりを失敗しちゃうと何とも言えない悲しさです。

全部同量でいいの??簡単「フルーツタルト」

まぁ、そんな大雑把な私でも失敗しないのがコレ。

使わないなんて損ですよ!!

KALDI で『クッキートルテ6号』
これを使って超簡単にタルトを作ってみました。本当に簡単過ぎてごめんなさい。

タルトの中身はクレームダマンド(アーモンドでできたフィリング:生地です)ほんのりアーモンドの香りが楽しめてしっとりした食感がたまらない。サクサクのクッキートルテと対照的なのでふたつの食感が楽しめますよ。

材料 Cooking ingredients

クレームダマンド(中身)の材料は4つ。
・アーモンドプードル (アーモンドを粉にしたもの) 50g
・砂糖 50g
・バター 50g
・卵1個(M~Lサイズくらい)50g

結果全部同量でいい感じ!になりました。

作り方 How to cook

バターは混ぜやすいように、常温に戻しておきます。全部を混ぜて絞り袋などできれいにタルトにくるくると入れてももちろんOKですが、今回は 全部を混ぜたらそのままタルトへ流し込みます。(ここコックさんポイント???)

表面のナラし具合は焼き上がりにも差が出ますので、平になるようにヘラなどでなるべくきれいに整えましょう。整えてから、この時点で、フルーツをタルトにのせて焼く方法もあるのですが 今回は一番簡単に作りたい為、フルーツはあとのせにします。

オーブン180度で20分~30分焼いたらタルトが完成です。(串などを刺してナマっぽい生地がついてこなければ焼き上がり!!)

焼いている間にお好きなフルーツを一口サイズにカット。焼けたらフルーツを盛付けです!

ほんとに簡単すぎなんです。

材料を混ぜて→焼いて→フルーツをのせて 完成ですよ!生クリームがあれば飾っても美味しいですね!カスタードがあれば超リッチなタルトになっちゃいます。今回はキウイ2つと缶詰のフルーツを使って作りました。子供と一緒に載せました~不格好でもとってもおいしいですよ。ちょっと買ってきたタルトみたいでしょ?

元コックさんの作るお菓子「フルーツタルト」のご紹介でした。とっても簡単な(簡単過ぎますが) ぜひみなさんのおやつレシピに追加して頂けたら嬉しいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事を書いたのは・・・MacYamane
SNS(インスタやTwitterなど)で企業の中の人として写真撮影をしたり、フォトスタイリングをしています。元料理人・元デザイナーの経歴を生かして、SNSを撮影する時の工夫や ちょっと素敵におしゃれに魅せるコツなど、SNSの投稿や、料理にも使えるアイディアを発信します。

計算中