45歳になりました!50歳までにやっておきたいこと3つ

2021/05/11
  • 音大卒で元家政婦で今は主婦。主婦歴20年、園児と中学生の年の差兄妹の母。2級家事クリエイター(料理・掃除科目)の資格を保有。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年のサンキュ!STYLEライターマミです。

先日、45歳の誕生日を迎えました!ついにもう紛れもない大人です。というか、初老です(笑)

今まで、なんとなくただただ目の前のことを頑張る!というような感じで来てしまいましたが、50歳が見えてきて少し落ち着いてこれからを考えなくてはと思うようになりました。
そこで今日は、決意表明として50歳までにやっておきたいことを書こうと思います。

身体を動かす習慣をつけたい

いよいよ本格的に更年期に突入するお年頃。実は私は、もう更年期に起こると言われている症状が出始めています。「へバーデン結節」と「ブシャール結節」といういう、指の関節が痛みと共に変形していくという症状です。これは、女性ホルモンの減少と関係があると言われています。これらの対策も既にしているのですが、更年期対策をはじめ、何よりやっぱり体調改善に大切なのは、血流をよくすること、身体を定期的に動かすこと。意識して身体を動かしていきたいと思っています。

音大卒で根っからの文科系の私。今までスポーツをやってきていません。ここで運動習慣をつけなければもう一生ないかも?今が頑張り時だ!と決意しました!

VIO脱毛をしたい

これはずーっとやりたいと思っていたのですが、別に緊急性があるわけじゃないし、贅沢の範囲かな~?と後回しにしてきました。

VIO脱毛をしてあると衛生的なだけでなく、将来介護をしてもらう際、排泄介助がしやすいという話もあります。男女問わず最近行う人が増えているようです。「介護脱毛」という言葉もあるのだとか。

しかし、「脱毛のレーザーは白髪に反応しないので白髪が多いと脱毛ができない」という話を聞き、これはうかうかしていられない!「白髪が増える前に脱毛をしたい!50歳までには!」と思うようになりました。

家事をもっと楽にしたい

常々、どうしたら家事をもっと楽にできるのか?と考えている私ですが、もっともっと、「意識して家事をやらなくても家が整っているわ!」くらいのシステムを構築したい!!と思っています。

というのも、やっぱり家事にかかる時間が惜しい!と思うからです。家事もいいけど、もっといろいろなことに時間を使いたいですよね。はたして「意識して家事してないのに整ってる!!」という魔法のような暮らしが出来るのか?そしたらもうカリスマ主婦ですよ。それを色々試すのももしかしたら面白いのかもしれません。色々やってみようと思います!

そして色々試したことを、またサンキュ!STYLEに書きますよ~!

終わりに

10代や20代の頃、なんとなく40歳くらいまでの自分はイメージしていましたが、その先は考えられませんでした。あっという間に45歳まで来てしまい、この先をきちんと考えるときがついにやってきてしまいました。「この先」を考えた時に出てきたのが「VIO脱毛」でいいのか?という気もしますが(笑)

一番思うのは、歳を取ることを恐れずに楽しんでいたいということです。これから先の人生で、いつでも今が一番若い!「もう45歳だから」なんて思わずに、まだまだ色んなことに挑戦したいと思います。目指せファンキーなおばあちゃん!

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中