そうめんの付け合わせでもう悩まない!○○○麺でバランスOK!

2020/08/19
  • 音大卒で元家政婦で今は主婦。園児と中学生の年の差兄妹の母。主婦歴20年でハンドメイドも大得意。もっと見る>>

元家政婦のサンキュ!STYLEライターマミです。
夏のお昼につるっと食べられる冷たい麺は手軽でいいですよね!でも、「今日のお昼、そうめんでいいよ」と言われたとき、実は困りませんか?そうめん「だけ」で済ますわけにはいかないし、かといってわざわざ付け合わせを作っていたんじゃせっかく手軽にそうめんで済まそうとした意味がない!!そんなときに、冷たい麺にサラダをのせた「サラダ麺」はいかがですか?1皿でバランスも取れるしサッと済ませられて一石二鳥ですよ。

作り方とポイント

1.まずは麺を袋の表示時間通りに茹でて水で洗いぬめりをとって冷やします。
2.お皿に、つけつゆよりも少し薄いくらいの麺つゆを適量流し入れます。
3.トマトやアボカドなどの野菜をのせ、さらにツナや茹で卵などをのせます。
4.上からマヨネーズやお好みのドレッシングなどをかければ出来上がり!

ポイントは、野菜だけではなくツナや茹で卵などの「たんぱく質」も必ずのせること。ボリュームが出るだけでなく、炭水化物と野菜とたんぱく質のすべてを一皿で摂ることができます。

いろいろアレンジできます

上)サバ缶のせ 左)パスタで 右)オリーブオイルと塩かけ

トマトとアボカド以外にも、もちろん好きなものをのせてOK!レタスやサラダ菜、きゅうりやカイワレ大根などサラダとして食べられるものを色々のせてみましょう!ナッツをのせるのもいいアクセントになりますね。たんぱく質食材も、ツナや玉子以外にサバの水煮缶も栄養があって美味しいですし、ハムやカニカマなどもおススメです。

メインの麺も、そうめんやひやむぎの他に意外とパスタもおススメです。表示時間よりも1分ほど長く茹でてから冷水でパスタを洗い、後は同じように作るだけ。上にかけるマヨネーズやドレッシングを、オリーブオイルと塩にしてみてもまたシンプルで美味しいですよ~。

おわりに

簡単だけど栄養があって食べやすい「サラダ麺」いかがでしたでしょうか?
面倒なときはもう、コンビ二サラダやカット野菜を麺にそのままのせるのもアリ!だと思います。暑い日の食事作り、一緒に頑張りましょうね!

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
音大卒で元家政婦の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と中学生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中