簡単おしゃれ!エッグインザバスケットの作り方

2021/05/08
  • 音大卒で元家政婦で今は主婦。主婦歴20年、園児と中学生の年の差兄妹の母。2級家事クリエイター(料理・掃除科目)の資格を保有。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年のサンキュ!STYLEライターマミです。

トーストは手軽で便利な朝食ですよね。でもワンパターンにもなりがちではないでしょうか?そこで今日は、簡単でおしゃれなトーストである「エッグインザバスケット」をご紹介します!

エッグインザバスケットの作り方

材料

1人分
食パン 1枚
卵   1個
バター 大さじ1程度
塩コショウや粉チーズはお好みで

1.食パンをくり抜く

まずは、食パンの真ん中をコップやクッキーの型などでくり抜きます。くり抜いたパンも一緒に焼きますので取っておいてくださいね。

2.フライパンにバターを溶かす

中火で温めたフライパンにバターの半分の量を入れて溶かします。大さじ1とありますが、お好みで増減して大丈夫です!

3.パンを入れて焼く

パンを入れて軽く焦げ目がつくくらい1分ほど焼きます。抜いた方も焼いてください。

4.一旦取り出しまたバターを

一旦パンを取り出し、残りのバターをもう一度入れて溶かします。

5.パンを入れ卵を割り入れる

さっき焼いた面と反対側の面を下にしてパンをフライパンに入れ、くり抜いた部分に卵を割り入れます。

6.蓋をして4~5分焼いたら出来上がり!

卵を入れたら弱火にし、蓋をして4~5分、卵に火が通るまで焼けば出来上がり!(卵の火の通り具合はお好みで加減してくだい。)塩コショウを振って召し上がれ。お好みで粉チーズなどをかけても美味しいですよ。

可愛い型で抜いても楽しい

ハートやくまさんなど、可愛いクッキーの型でパンをくり抜くのも楽しいですよ!

いかがでしたか?

こんな食べ方も美味しい

テレビで「世界のトースト」として紹介されていた「エッグインザバスケット」本来は卵を入れた後にひっくり返したりするようなのですが、見た目や手軽さを重視してひっくり返さずに作ってみました。簡単でおしゃれな雰囲気になりお気に入りのトーストです。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中