【8月にする家事】夏だからこそいいんです!今やるべき家事3つ

2021/08/05
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年以上のサンキュ!STYLEライターマミです。

毎日暑さが続きますね。家事をするのも嫌になってきますが、暑い今にこそ向いている家事もあるんです!今日は夏にこそやっておきたい家事3つをご紹介します。

1.いつもより油汚れが落ちやすい「キッチン掃除」

キッチン周りの大掃除というと、年末にするイメージかもしれません。しかし、寒い季節よりも暑い夏の方が油汚れが緩み、汚れが落ちやすくなっています。帰省をしないお盆休みにキッチンの大掃除もいいかもしれませんね。換気扇などの大物掃除をやってしまいましょう。

2.すぐに乾くから「大きな布ものの洗濯」

暑い夏は洗濯物もすぐに乾きます。シーツや布団カバーなども頻繁に洗えますね。カーテンなどを洗うのもいいですよ。

また、秋冬に使うものをこの季節に洗ってしまうのもオススメです。毛布や冬用のラグ、ストールやマフラーで自宅で洗濯可能なものなどを今のうちに洗っておけば、涼しくなってきた頃に慌てずにすみます。水の温度も高いので洗剤も溶けやすく、冬よりも汚れ落ちもいいですよ。

3.うっかり出し忘れた「冬物のクリーニング」

コートやセーター、スーツなど、冬物衣料でクリーニングに出し忘れているものはありませんか?いざ寒くなったときに慌てない為に、出し忘れている冬物をクリーニングに出しましょう。

8月は衣替えの季節ではない為、クリーニングの料金が春や秋より安くなっていたり、お店によっては冬物のセールをしていることもあります。お得にクリーニングをするチャンスでもありますね。

今のうちにやっておけば後がラク

気温が高いからこそはかどる家事を今のうちにやっておけば、寒い時期に慌てたりすることがありません。また、年末の大掃除もラクになりますよ。ちょっと先取りで、一年の後半に余裕ができるかもしれませんね。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中