カーテンの洗濯が劇的にラクになる!ズボラ母ちゃんの目からウロコな洗濯術!

2021/09/12
  • 中2・小3・小1の三兄弟の母ちゃん。家が大好き。面倒くさがりの整理収納アドバイザーです。 もっと見る>>

わんぱく三兄弟の子育てに奮闘中、整理収納アドバイザー、せのお愛です。
片づけとお掃除のプロとして、お母さんが機嫌良く過ごせるお家のヒントを発信しています。

今回は、目からウロコ!な、楽ちんカーテン洗濯術をご紹介します。

カーテンの洗濯、頻度はどのくらい?

カーテンの洗濯、どのくらいの頻度でされていますか?
環境にもよりますが、ドレープカーテンは年に1回、レースのカーテンは年に2〜3回が目安とされています。

「え!そんなに!?」と思われますか?見た目では分かりにくいですが、カーテンは意外と汚れています。
花粉や埃、食べ物のにおい、お子さんがいれば、汚れた手でベッタリ…なんて事もありますよね。

気候のよいこの時期に、一緒にお洗濯してみませんか?

カーテンの洗濯【簡単4ステップ】

⑴外す

まずはカーテンをレールから外して、洗濯表示を確認します。この時に、どこのカーテンかメモしておくと、取り付けの際に迷わなくてすみますね。

⑵たたむ

カーテンのひだに沿って、縦にジャバラに折りたたみます。折りたたんだら、次は横にジャバラ折り。

この時、カーテンのフックは付けたまま!
1番手間のかかる「フックを外す」作業を省きました!

※金属のフックは、生地を傷めるおそれがあるので、取り外すことをおすすめします。

最後に、フックの部分をクルクルッと2回内側に折りたたみます。

フックを内側に

⑶洗う

折りたたんだカーテンを洗濯ネットに入れ、水流弱、またはドライコースで洗いましょう。

ポイントは、脱水時間を短くすること、柔軟剤を入れること。そうすることで、洗いじわを防げます。
脱水は1分を目安に、終わったらすぐに取り出しましょう。

⑷干す

洗い終わったら、そのままカーテンレールに吊るして、自然乾燥させるだけ。
いちいちフックを付け直さなくてもよいので、とっても楽ちんです。


まとめ

カーテンの洗濯は、簡単4ステップ!

⑴レールから外す
⑵フックを内側にして折りたたむ
⑶ネットに入れて洗う(脱水は短めに)
⑷レールに吊るして自然乾燥

今まで後回しにしてきましたが、工程も少なく、意外と手軽にできました。
この機会に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。部屋の空気も、なんだか爽やかに感じられますよ。


■この記事を書いたのは・・・せのお愛
お家大好き!男子三兄弟の母ちゃん。
▷整理収納アドバイザー ▷クリンネスト1級
お掃除のこと、お片づけのこと、お母さんの暮らしが楽になるアイデアを発信しています。

計算中