【汚れ対策】リビングを快適でキレイな空間に!汚れる前にやっておく予防家事3選!

2021/09/18
  • 転勤族の妻。高校生男子、中学生女子のママ。17年間専業主婦で得た家事テクを発信していきます。 もっと見る>>

毎日の家事を少しでも楽にする為に【楽家事】を日々研究中のサンキュ!STYLEライターryokoです。

家族が集まるリビング。スッキリとキレイにしていれば、心も整い、家族の笑顔も増えると思います。

少しの工夫とコツを知ることで清潔な空間を保つ事ができる予防家事(汚れる前の対策)リビング編3選をご紹介します。

①ゴミ箱はお気に入りのものを1つで!

以前は、キッチン、ダイニング、リビング、和室と、各部屋それぞれにゴミ箱を置いていました。

すぐに手が届く所にゴミ箱があると、一見キレイを保つことに有効な気がしますが、実は逆です。

お気に入りのものを1つ置く事で何も置かない床面積も広がり、部屋全体もスッキリします。

家族も1つのゴミ箱にゴミを捨てるので何の問題もありませんでした。

②リビングにカーペットを置かない!

これは、本当に掃除が楽です。

カーペットは汚れがなかなか落ちない上に洗濯も面倒になりがち。

フローリングなら、汚れが目につきやすく、フローリングワイパーでサッと汚れを拭き取ればキレイをキープする事ができます。

③DMやこどものプリント類は指定の場所に!

幼稚園や学校から貰ってくるプリントは、ダイニングテーブルや棚などにちょこっと置いてしまいがちですが、あっという間に山積みになり、大切なものを無くしてしまう原因にもなりかねません。

DMのいらないものはすぐ処分し、プリントは指定のプリント入れをこどもの人数分用意して、そこへ入れるようにしましょう。

なるべくものを置かない工夫をする事で、掃除もしやすく見た目もスッキリし、キレイをキープできるのでオススメです。

最後に

いかがでしたか?

毎日毎日、隅から隅までお掃除をしていたら、疲れてしまい長続きしません。

今回は、毎日のお掃除がぐんと楽になるちょっとしたコツのリビング編3選をご紹介しました。

◆この記事を書いたのは・・・専業主婦ライターryoko
23歳で結婚し、24歳で長男、27歳で長女を出産。字を書く事が大好きで、毎日《朝日記》をつけて1日をスタートさせています。シンプルな家計管理術、整理収納やお掃除術、簡単料理などを発信しています。

計算中