【夏のラク家事】ズボラ主婦が家事の負担をぐんと減らす為にやっている事5選!

2022/07/03
  • 転勤族の妻。高校生男子、中学生女子のママ。17年間専業主婦で得た家事テクを発信していきます。 もっと見る>>

シンプルな生活を目指し、整理収納や家計管理術を日々勉強中のサンキュ!STYLEライターryokoです。

毎日のエンドレス家事、暑い夏は少しでもラクをしたいのが主婦の本音ですよね。

自分の時間や家族との時間を充実したものにする為に、掃除や料理をラクにする為のコツ5選をご紹介します。

1.コンロ周りの油汚れは料理後すぐに掃除する

毎日料理をするキッチンは、汚れを放置したままにしておくと、後での掃除が倍以上かかってしまいます。

料理をした後にすぐに拭き取ってしまえば汚れも簡単に取れ、後で大ががりな掃除にならずラクです。

2.お風呂タイムのヘアートリートメント中に一箇所掃除

忙しいママにとって、お風呂タイムもゆっくり割くことはできないかもしれませんが、髪の毛を洗ってトリートメントをしている間は絶好の掃除タイム。

トリートメントの浸透時間5分でも何かできないかと思い、鏡を磨いたり、カウンターだけを洗ってみたりしました。

そうする事で、毎日のお風呂掃除の時間が短縮でき、お風呂のキレイを保つ事ができるようになりました。
毎日小掃除とはまさにこの事ですね。

3.野菜を色々な切り方で冷凍保存し家事貯金

料理をする時に、ひとつの野菜を色々な形に切っておきます。

あらかじめ切っておく事で、次に料理をする時にまな板と包丁を使わなくて済みますよね。

ちょっと時間がある時に、さまざまな野菜をカットして冷凍しておくのも家事貯金になります。

4.フローリングワイパーに予めドライシートをつけてリビング収納

掃除道具は一箇所にまとめている方も多いと思いますが、リビングのクローゼットにフローリングワイパーを収納しています。

そこでポイントなのが、新しいドライシートを予め付けておく事!

サッと取り出せる場所に収納し、すぐに掃除ができるようにしておくと、フローリングワイパーがけのハードルがグッと下がります。

おまけに面倒な掃除機がけを減らせる事だってできてしまうのです。

5.洗面台は使ったらすぐにタオルで拭き取り水アカを防ぐ

これは、多くの方が実践しているかもしれませんが、洗面台は家族みんなが使う場所でとても汚れやすい場所です。

私は、洗顔、メイクを終えたら、すぐにタオルで洗面台と蛇口を拭き取るようにしています。

いつも蛇口がピカピカだと、とても気持ちが良いものです。

家事の負担を減らすために

いかがでしたか?
暑い夏は、ただでさえフラフラで、面倒な家事の負担を少しでも減らしたいですよね。ながら家事をルーティン化してラクをしてしまいましょう。

ひとつでも参考になれば嬉しいです。

◆この記事を書いたのは・・・専業主婦ライターryoko
元証券会社勤務。転勤族の夫と、高校生の息子、中学生の娘を持つ。
字を書く事が大好きで、毎日、【朝日記】をつけて1日をスタートさせています。
シンプルな家計管理術、整理収納やお掃除術、簡単料理などを発信しています。

計算中