【新生活】転勤は突然に!転勤族の妻だからわかる!引越し準備や家族との向き合い方

2022/03/14
  • 転勤族の妻。高校生男子、中学生女子のママ。17年間専業主婦で得た家事テクを発信していきます。 もっと見る>>

シンプルなくらしを目指し、整理収納や家計管理術を日々勉強中のサンキュ!STYLEライターryokoです。

春は、転勤などで引越しをする人も増えてくる季節です。数年に1度、我が家にもやってくる夫の転勤辞令。発令されたと同時に色々な事をこなさなければなりません。

転勤族の妻として、夫へのサポート、子どもの転校の準備や心得などをご紹介します。

夫ができるだけ動きやすいようにサポート

夫は、仕事をしながら引越しの準備をしなければならないので、その場所での仕事を最後までしっかりできるように、妻ができることは何か順序立てて考え、しっかりと行うよう心がけました。

引越し先はどんな場所か調べる

まずは異動になる場所について調べ、引越しがいつ頃になるのかを確認します。

だいたい住む場所の候補が決まったら、その場所の周辺環境や住環境、ファミリー層に住み良い環境なのか、下調べをします。

子どもの学校について

当たり前に通っていた小学校。うちの息子は2年間幼稚園に通園し、仲良しのお友達と同じ小学校へ入学してからわずか半年と言う中での転校となりました。

学校やお友達への感謝の贈り物

やっと慣れはじめた小学校生活。先生や新しいお友達との別れは辛いものだったと思います。

転校手続きを無事に済ませて、登校最後の日には、感謝の気持ちを込めて文房具をプレゼントしました。

新しい学校での生活の準備

学校が変わると、学校の用品も変わります。
そのまま使えるものは使いますが、体育着の買い替えや、上履きの確認、お道具箱や給食袋の確認などをします。

引越し先では慌てずゆっくりと

転勤に伴う引越しは、本当に慌ただしく、あっという間です。新しい土地では、右も左もわからず、区役所へ行くのも一苦労でした。

転入手続き、住所変更手続き、転校手続きなど、一つ一つ終えて、荷物の整理などの生活を整えていきました。

新しい土地を楽しみ、前向きに

新しい土地に慣れるまでは緊張もしますが、住んでいると色々な発見もあります。

以前、千葉県に住んでいた時には、ディズニーランドがとても近かったので、午後3時からのチケットを利用して遊びに行ったりしました。

引越し先で、近くにこんなお店がある!子どもを連れて行ったら喜びそう!など、行ってみたい所にはどんどん足を運んでみてください!

そうする事で、その土地ならではの新しい発見があると思います。

◆この記事を書いたのは・・・専業主婦ライターryoko
元証券会社勤務。転勤族の夫と、高校生の息子、中学生の娘を持つ。
字を書く事が大好きで、毎日実践している【朝活】日記をつけて1日をスタートさせています。
シンプルな家計管理術、整理収納やお掃除術、簡単料理などを発信しています。

計算中