キッチン・トイレ・玄関のアレ、やめてみた

2021/11/23
  • 3歳児ママ。夫の転勤で専業主婦に。家計管理・投資・整理収納に目覚め、ゆとりのある暮らしを目指す もっと見る>>

苦手な「家計管理」と「整理収納」をコツコツ見直している最中のサンキュ!STYLEライター【あゆまい】です。

家事に追われる日々を少しでも楽に過ごしたく、3つのアレをやめてみました。

キッチンのアレをやめてみた

「キッチンマット」をやめてみました!
キッチンで洗い物をすると床に水しぶきが飛んだり、コンロ周りには揚げ物の油が跳ねたりしますよね。
その汚れを防ぐための「キッチンマット」でもあるのですが、洗濯の際は他のものと分ける必要があり、手間に感じていました。
そんな私はもうこの際、「キッチンマット」自体を取り払ってしまうことにしました。
「キッチンマット」がなければ、床の汚れにすぐに気付けるので、その場でサッと掃除してしまえば汚れは落ちます。
揚げ物の際は、予め新聞紙などを敷いておけば、後片付けも簡単です。

トイレのアレをやめてみた

「トイレマット」をやめてみました!
「トイレマット」って、不衛生なイメージがありませんか。
以前、我が家で「トイレマット」を使用していたときは、洗濯機で洗っていたのですが、尿などの汚れが付いているかもしれないので、キッチンマットと同様に、他の洗濯物と分けて洗っていました。
そのため、別で洗濯機を回す余裕がなく、なかなか小まめに洗えませんでした。
また、「トイレマット」の毛の部分にゴミが落ち、なかなかそういったゴミや汚れを取り除くことが難しく、「トイレマット」を撤去することにしました。
結果的には、トイレの床の汚れにもすぐに気付けて掃除ができるので、衛生的になったと感じています。

玄関のアレ、やめてみた

「玄関マット」をやめてみました!
「玄関マット」も、無くても全く問題のないものだと感じました。
玄関マットがないおかげで、洗う手間もなくなりました。
部屋にマット類が少ないだけで、すっきりとした印象になりました。

家で使用しているものは、あるのが当たり前だと思わず、「本当に自分に必要か」と見直してみると、案外なくても問題がありませんでした。
問題がなければ、その一手間の家事を減らして、家事に追われる日々から少し解放されるのもいいのではないでしょうか。

◇この記事を書いたのは…あゆまい
転勤族で、4歳・0歳を育てる2児のママ。
専業主婦になり、家計管理に真剣に取り組む。
家計管理と資産運用でお金の不安をなくし、整理収納で心にゆとりのある暮らしを目指す!
ブログでは家計管理と子育てに関する情報を発信中。

計算中