アラフィフ独女の家探し~賃貸はないけど空き家はある!?空き家バンクに利用登録をしました編

2022/05/30
  • 片づけ、家事、料理、私らしい暮らし作りのコツを発信。無印良品好きで5年間のスタッフ経験有。 もっと見る>>

片づけのプロでサンキュ!STYLEライターのおだけみよです。

新年の目標で書いたように、今年の目標のひとつが「お引越し」です。
もう少し広めの部屋で、猫と暮らせる家が理想です。

最近注目の「移住」や「田舎暮らし」。
興味はあるけど口コミや実体験が少なすぎる…ということで、私の家探しの様子を記録してみることにしました。

前回から日が経ってしまったので、まずは前回のおさらいから。

前回も書いたように、田舎で家探しの難点は「物件の少なさ」
不動産関係の仕事をしていた知人に「あっ、ないわ」とあっさり言われてしまう地域…。

「賃貸だと限られるから、空き家の一軒家も視野に入れてみたら?
これから空き家が劇的に増える傾向にあるから、空き家の方が可能性があるかもしれないよ」

各自治体にある空き家バンクで空き家情報を確認してみることにしました。

空き家バンクで情報をチェック

空き家の情報は自治体の役場や市役所のホームページからか閲覧ができます。

賃貸と売買。
家はあるだけで固定資産税などの税金が必然的に発生します。
当然ながら、手放したい人が多く圧倒的に売買の方が物件数が多い。

賃貸物件があっても12LDLや10DKなど。
二世帯同居・三世帯同居が珍しくないので、田舎の空き家はとにかく部屋数が多い。
だけど、独女には豪邸すぎる…

そんな中で、8LDK!!
これが小さく感じる田舎マジック。
即入居可能ということで、早速、役場に問い合わせてみることにしました。

早速、役場へ!

物件の詳細だけでなく、契約時の手続きも知りたかったので、直接役場の窓口に行きました。

「空き家バンクで見た物件の、詳細や手続きについて知りたいのですが…」

「では、空き家バンクへの利用登録をお願いします」

自治体によって多少違いがあるかもしれませんが、こちらの自治体は空き家の所有者も利用者も空き家バンクへの登録が必要です。

空き家バンクへの登録必要なもの

「では、登録にあたって納税証明書など所得がわかる書類の提出をお願いします」

トラブルにならないように、きちんと収入があることは大事。
…ということで、早速前年度の「納税証明」を発行しました。

自治体によって利用登録の手続きの方法が異なる場合があるので、希望する自治体に事前に手続き方法を問い合わせるといいかもしれません。

いざ、希望の物件に問い合わせ&結果は?

登録手続きが終わり、早速、希望の物件の所有者に担当の方が連絡を取ってくださいました。
が、残念ながら、こちらの物件はタッチの差で交渉中とのこと。

こういったものの縁ですよね。

でも今後は空き家も視野に入れて探すことにしました。
理想の物件と出会えることを祈って…。

最後に…

田舎から田舎…というか町内間のお引越しでさえ悪戦苦闘しそうな、アラフィフ独女の家探し。
リアルタイムで進行するので超不定期になりそうですが、興味がある方はお付き合い頂けたら嬉しいです。

普段はこんな記事を書いています

●この記事を書いたのは…おだけみよ

アラフィフ独女のサンキュ!STYLEライター。
子どもたちは社会人になり、シングルライフを満喫中?
今年の目標は「猫と暮らせる家に引っ越しする事」
サンキュ!STYLEでは主に片づけ、掃除、料理など、家事がラクになるコツを発信中!

計算中