【簡単!混ぜるだけ!】納豆を少し特別なおかずに変身!

2020/04/03
  • 栄養士/幼児食アドバイザー/フードコーディネーター。幼児食の料理教室、オンラインレッスンを主宰。 もっと見る>>

サンキュ!STYLEライター、栄養士/幼児食アドバイザーの麻実です。

外出自粛が続き、自炊の機会が増え、料理を作ることに疲れてしまう時もありますよね。今回は、免疫力を高めてくれる「納豆」を使った超簡単!アレンジレシピをご紹介します。火を使わないので手軽にでき、栄養価もアップするので立派なおかずに大変身♪3パックまるごと使うので、作りおきとして活用できます。3歳の息子も大好きな1品。ぜひ、お試しくださいね。

さっぱり味がやみつき!風味豊かな納豆レシピ

〈材料〉

・納豆…3パック
・大葉…お好みで
・青ねぎ…お好みで
・かつお節…お好みで
・ねり梅…お好みで
・塩麹…小さじ2
・えごま油…小さじ2
(ごま油でも可。)
・醤油…味を見て調整

〈作り方〉
①大葉、青ねぎは細かく刻む。
②すべてを混ぜ合わせる。
完成!

材料を変えていろんなアレンジに

納豆って1パック置いてあると、全部食べるか今日は食べないか、の2択で考えてしまいますよね。タッパーで保管しておけば、少し食べたい時にも嬉しい保存方法。お好みの材料がなければ、自由にアレンジしてみてくださいね。青ねぎが苦手な子は、茹でるか炒めたねぎの方が食べやすい味わいになりますよ。

負担のない作り置きで心も豊かに

作り置きがあると調理の時間も楽になりますが、作る下準備は意外と時間のかかるもの。あまり負担にならないよう、おかずを多めに作って作り置きにしたり、簡単にできるものを少しずつ作っておいて、疲れない程度に準備しておくと気持ちが楽になりますよ。我が家は納豆が立派なおかずになるだけでも喜んでもらえる1品!ぜひ、作ってみてくださいね♪

□記事を書いたのは…川田 麻実
子連れ幼児食のイベントや料理教室を主宰。栄養のこと、食育について発信中。

計算中