【超!時短料理】忙しい朝は「ケーキ型オムレツ」に決まり!

2020/05/11
  • 栄養士/幼児食アドバイザー/フードコーディネーター。幼児食の料理教室、オンラインレッスンを主宰。 もっと見る>>

サンキュ!STYLEライター、栄養士/幼児食アドバイザーの麻実です。

忙しい朝の時間、お弁当作りに、朝ごはん作りに、バタバタしますよね。できる限り調理や片付けの時間は削りたいもの。かといって、一日を元気に過ごすために必要な朝ごはん。特に成長期の子どもにとっては、ごはんだけ、パンだけ、という訳にもいきません。今回は、超時短でできちゃう野菜たっぷりの「ケーキ型オムレツ」をご紹介します!

野菜室がすっきり!残り野菜でオムレツを作ろう♪

野菜室にある残り野菜を使って、オムレツに。トマト、人参、玉ねぎ、じゃが芋、小松菜、きのこ、何でもOK!たっぷり使いましょう♪
〈作り方〉
①野菜を食べやすい大きさに切る。(さっと炒め、火の通る大きさ)
②小さめのフライパンに油をひき、中火で加熱する。①と塩少々を入れ、全体に火が通るまで炒める。
③ボウルに卵を2個とき、醤油少々と混ぜ合わせる。②の全体に広がるように入れ、蓋をし、弱火にする。
④卵がお好みのかたさになったら、まな板にスライドさせるか、ひっくり返す。食べやすい大きさに切る。
完成!

我が家は大人2人、子ども(3歳)で卵2個で丁度良いボリュームに。野菜の量にもよりますが、卵は家族分で調整してくださいね。

トッピングはいろいろアレンジしよう

ベースのオムレツに、ツナやしらす、桜えびやチーズなどのトッピングを加えると、美味しさがぐんとアップ。具材をプラスするときは、卵を入れる直前に入れて混ぜ合わせましょう。チーズの場合は、卵の後に入れて、とろ~りとろけるオムレツに♪朝から1品でボリューミーなおかずに。野菜が苦手な子でも美味しく食べられ、苦手意識が薄くなりますよ。ぜひ、おためしくださいね。

朝から卵パワーで元気に過ごそう

卵は消化にも良いので、朝にぴったりなたんぱく質。目玉焼きや卵焼きも美味しいですが、子どもがいるなら野菜も一緒に沢山食べてもらいたいので、具沢山に。また、野菜室の残り野菜が使えるので、無駄なく使えておすすめですよ。私のおすすめトッピングはチーズです!ぜひ、バリエーションを増やして朝ごはんの時間を楽しく過ごしましょう♪

□記事を書いたのは…川田 麻実
子連れ幼児食のイベントや料理教室を主宰。栄養のこと、食育について発信中。

計算中