夏はとことん楽して調理!「きゅうり」でさっぱり時短おかず

2020/07/09
  • 栄養士/幼児食アドバイザー/フードコーディネーター。離乳食、幼児食の料理教室を主宰の経験をもつ。もっと見る>>

サンキュ!STYLEライター、栄養士/幼児食アドバイザーの麻実です。

梅雨が続きますが、もうすぐやってくる夏。暑い時期になると、なるべく火を使った調理は控えたいですよね。食欲がわかないと、献立を考えることも面倒に。そこで今回は、切って混ぜるだけなのに食欲がアップする「きゅうり」を使った最強のおかずをご紹介します!作りたくないときの一品に役立ててくださいね。

「きゅうり」で栄養は摂れるの?

9割は水分といわれる「きゅうり」。微量ながらビタミンCや体内の余分な塩分を排出してくれるカリウムなど含みます。さらに、皮には抗酸化作用の強い成分が含まれているため、免疫力アップや、腸内環境を整えてくれる効果が期待されます。また、今回一緒に摂取する「梅」にはクエン酸が含まれるため、ビタミン、ミネラルの吸収をサポートしてくれる役割があります。また、胡麻を加えることで、ミネラルがたっぷり摂取できますよ。子どもにもおすすめの一品、ぜひお試しください。

さっぱりだけど旨みがギュ!「きゅうりの梅和え」

きゅうりに胡麻とねり梅を混ぜ合わせて、簡単な調理で栄養価が上がる一品。ねり梅を使えば、梅干しを使うより簡単に取り入れられますよ♪

材料
・きゅうり…1本
・胡麻…たっぷり
・ねり梅…ティースプーン1杯
・塩…小さじ1

作り方
①きゅうりは細切りにする。
ボウルに入れ、塩を混ぜ合わせて15分ほどおく。
②水気をしっかりしぼる。
胡麻とねり梅を加え、全体になじむように混ぜ合わせる。
完成!

きゅうりは大きめで小さじ1の塩を使用。小さめなら小さじ1/2ぐらいでOK。鰹節を入れても美味しく仕上がります。

食欲がないときの一品に!

食材がないときは、さっぱりとしたおかずが一番。また、水分とミネラル補給に、子どものおやつにもおすすめです。息子も大好きなおかず。ぜひ、我が家の一品にお役立てくださいね。

計算中