ヨガ歴2年!ヨガを始めて変わった3つのこと!

2020/12/05
  • 健康リズムカウンセラー。5歳と7歳のママ。健康と美容に興味を持ち、年相応の「美しさ」を日々勉強中。もっと見る>>

こんにちは♪
健康マニアで、STYLEライターのzumyです!

さて、間も無く私がヨガに出会って丸2年が経とうとしています。
この2年で変わったことが大きく3つありました。

特に変わったことはとっても意外なことでした!
では、ご紹介したいと思います!

まずは、太りにくくなった

2年前の冬、まず始めたのはホットヨガ☆
冷え性のわたしには、冬が辛くて。
おうちの中にいても、なかなか陽が当たらないリビング。
寒くて、痩せそうだと安易な考えで、ホットヨガを始めました☆

わたしの通っていたホットヨガは、温度35度〜40度・湿度50〜60%のスタジオ。
つまり、真夏の気温の中でポーズをとり呼吸を深めていく。
汗はもちろんダラダラで、下着までびっしょり!

気持ちよさはあったのですが、レッスン後は食べ物の吸収率が良くて。
思ったほど、ダイエットに効果は無かったかな(笑)

でも、股関節も柔らかくなったし、普段あまり使わない筋肉を使うので。
確実に、太りにくくはなりました☆

自然に自分の中に目を向けることができるように

ヨガを始める前までは、結構外の情報に振り回されていたかな。

ニュースで見聞きすること。
幼稚園のPTAのお仕事。
家族のこと。
周りで起きる出来事。
人の愚痴話、不平不満話。
こうあるべき!という謎の正義感。

すっごくイライラしていたし。
本当にヒステリーだったなって今振り返っても思います。
(あ、もちろん、今も怒ることはあります。でも、圧倒的に頻度が減った)

それと同時に。
周りに意識を向けていて、周りに自分の波動(感情の波)を合わせていたので。
気付いたら、疲れが溜まっていて。
すっごい頭痛だったり。

全然自分の声が聞けていなかったんですよね・・・

結果、年に数回倒れるということも。
自分の限界まできていたのに、一切気づきもしなかった。

でも、周りのことには敏感で。
1つ1つにすごく気を使っていたんだと思います。
気遣える人なら良いけど、そうでなくて良く思われようと気を使う。
それはそれは疲れる人生でした(笑)

でも、本当にヨガを始めて。
自分と向き合う事ができて。
「心が疲れているな」と思ったら、一人になる時間を作ったり。
「今日は右肩が張ってるな」って思ったら、より右を意識してメンテナンスできたり。
「今日はやけに眠いな」って思ったら、温かいお風呂に入って、こどもと一緒に寝ちゃう。
そういうことが自然にできる様になりました。

自分を大切にできるようになったら、自然と周りを大切にできるようになりました。

自分と向き合う、自分を掘り下げる。
これって、大人になってから更に必要なことなんだなって思いました。

一番驚いたのは、子育ての変化

ヨガを始めて、子育てが激変しました。

今までは、ちょっとしたことでもイライラガミガミしていました。
導線が超絶短かったんですよね〜(笑)
アンガーマネージメントとかも、効果無し!
もう、一呼吸も置くことができない!って性格でした☆

ですが、先程言った「自分と向き合って、自分を掘り下げていくこと」をしていったら・・・
「◎◎であるべき!!!」という考えがあるから。

「急いで!」
「◎◎して!!!!」
「なにしてるの〜!!!!!!」となる。

つまり、その『◎◎であるべき!!!』という考え方を外せば良いのでは!?と言うことに気付きました。

こどもは親の所有物ではないし、違う人間。
考え方もそれぞれ。
性格もそれぞれ。
親子でも、自分とは違う「人間」

深くまで吸って吐いてというヨガの呼吸法と合わせて。

今では「一呼吸おくこと」もできる様になりましたし、「ま、いっか」って考えられる様になりました。
子どもがくだらないことをしても、ふざけてきたとしても、一緒に笑えるところまで変わりました。

今の考え方は、前に書いた記事をリンクしておきますので併せて読んでみてください♪

ということで。
ヨガを始めて変わったことでした!!!

この冬ホットヨガスタジオは卒業したのですが、ヨガはこれからも心の為、カラダの為に続けていきます!
ぜひ、皆さまも自分と向き合う時間を取ってみてくださいね♪

■この記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライター zumy
小3、小1の2人の女の子ママ。以前は、サンキュ!トップブロガーとして活動。
健康と美容に興味があり、生活リズムアドバイザー、健康リズムカウンセラーの資格を取得。
去年薬に関する国家資格を取得し、現在仕事に活かして働いています。
趣味はウォーキングとヨガ。
睡眠や食のチカラも取り入れようと、日々勉強中。

■ブログ、Instagramはこちらから!

計算中