【塩はちみつトースト】甘じょっぱさが絶妙!ジュワっとフワフワのパンレシピ

2022/06/29
  • 料理研究家。小学生男子2人のママ。「家族が喜ぶ、何度も使える料理」を伝える料理教室を主宰しています。もっと見る>>

こんにちは!家族が喜ぶレシピをお伝えするサンキュ!STYLEライターの馬原香織です。

厚切りの食パンで作る「塩はちみつトースト」をご紹介します。
食パンに切り込みを入れて、バターをしみ込ませるのがポイント!自宅でもカフェやパン屋さんで出てくる出来立ての絶品トーストが楽しめます。

手軽にできるので、朝食やおやつにおすすめ。甘くてしょっぱい絶妙な味がくせになりますよ!

塩はちみつトーストを美味しくつくる方法

材料

・厚切りの食パン
・はちみつ
・バター
・塩(岩塩)

食パンに切り込みを入れるのがポイントなので、厚切り食パンがおすすめです。
塩は岩塩なら食感が残り、流行りの塩パン風に。ガリっとした食感が苦手な方は、雪塩のような滑らかな塩でもOKです。
家にある使い道に困った岩塩があったら、ぜひ岩塩で作ってください!

作り方

パンに格子状に切り込みを入れます。パンがつぶれないように、のこぎりのように前後に大きく動かして切ると上手くいきますよ。力は入れずに、包丁を前後に動かします。

バターをぬります。バターはレンジで10秒くらい加熱して溶かすとぬりやすいです。
バターがぬれたら、トースターでカリッと焼きます。

トーストができたら、はちみつをたっぷりぬります。

塩をふりかけます。様子を見て、少しずつ。かけすぎるとしょっぱくなるので、まずは2つまみくらいから様子を見ましょう。

できあがり!

朝食やおやつにおすすめ

はちみつの甘みに、バターと塩の塩気が絶妙で美味しいです。
厚切りの食パンにバターが染み込み、トロっとはちみつと、アクセントの塩が効いて簡単なのに美味しいです。

おやつや朝食に、ぜひ作ってみてください。
我が家では食べ盛りの息子のおやつに活躍中のレシピです。

記事を書いたのは・・・馬原香織(まはらかおり)
料理研究家。調理師&食育インストラクター。小学生と中学生男子2人のママ。料理教室を主宰しつつ、料理ライターとして日々料理記事を執筆中。「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」をテーマに、みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中