かぼちゃのクッキーを木製の皿に盛り付けた様子

材料4つ&型不要【かぼちゃクッキー】周りサクサク中しっとりの野菜スイーツレシピ

2023/10/07
  • 料理研究家。小学生男子2人のママ。「家族が喜ぶ、何度も使える料理」を伝える料理教室を主宰しています。もっと見る>>

こんにちは!すぐ作ってみたくなる楽旨レシピを発信している、料理研究家の馬原香織です。

もうすぐハロウィン!ハロウィンといえば、かぼちゃを使った料理やスイーツがあると盛り上がりますよね。
そこで、今回はかぼちゃを使って作るクッキーをご紹介します。

材料4つで型不要、生地を作ったら手で成型する作り方なので、生地を伸ばしたり冷やしたりせず時短で作れますよ。

かぼちゃクッキーの材料

かぼちゃクッキーの材料を並べた様子

《24枚分》
●かぼちゃ・・・100g(皮をむいた状態)
●薄力粉・・・150g
●砂糖・・・70g
●バター(できれば無塩)・・・80g

バターは、常温に戻しておきます。

かぼちゃクッキーの作り方

1. かぼちゃをレンジで加熱してつぶす

レンジで加熱したかぼちゃを、フォークでつぶしてなめらかなペースト状にする様子

かぼちゃは一口大に切り、皮をむき、水にくぐらせます。耐熱容器に濡れたままのかぼちゃを並べ、ラップをかぶせてレンジ600Wで2分加熱します。かぼちゃにスッと楊枝が刺さるくらいまで、様子を見て加熱をしてください。

2. バターをクリーム状にする

ガラスのボウルに入れたバターを、泡立て器でクリーム状にした様子

大きめのボウルにバターを入れ、泡立て器でクリーム状になるまでよく混ぜます。

3. 砂糖を加えて混ぜる

ボウルに砂糖を加えて混ぜた様子

砂糖を2~3回に分けて加え、なめらかになるまで混ぜます。

4. 薄力粉とかぼちゃを加えて混ぜる

ボウルに薄力粉とつぶしたかぼちゃを加えてゴムベラで混ぜる様子

ボウルにふるった薄力粉とつぶしたかぼちゃを加え、ゴムベラに持ち替えて混ぜます。

材料をすべて合わせて、生地が一まとまりになるまで混ぜた様子

生地がひとまとまりになればOKです。

5. 生地を成型する

生地を丸めて手のひらにのせた様子

生地が大体24等分になる大きさで取り、両手でクルクル丸めます。

丸めた生地をつぶして手のひらにのせた様子

左手に生地をのせ、右手でギュッと押して平らに伸ばします。丸める段階でなめらかなまん丸にしておくことが、生地のひび割れ防止になります。

オーブンシートを敷いた天板に生地を並べる様子

オーブンシートを敷いた天板に生地を並べます。ここで再度生地を指で押して、厚みを大体均等にします。

6. オーブンで焼く

オーブンの天板に成型した生地をすべて並べた様子

170度で予熱したオーブンで、15~20分焼きます。生地の周りがほんのり色づいたら焼き上がりの合図です。
私は17分焼きました。オーブンの種類やクッキーの大きさや厚みにより、焼き上がり時間に差が生まれます。焼き上がりの合図を目安に、まずは15分焼いて様子を見てください。

焼き上がったクッキーをクッキークーラーにのせて粗熱を取っている様子

焼き上がったら、粗熱を取ってできあがり。あればクッキークーラーにのせておくとよいです。

かぼちゃクッキーの味や食感は?

かぼちゃクッキーを半分に割り、切り口を見せている様子

周りはサクサク、中はしっとりしたクッキーです。厚みのある生地で、中はカントリーマアムのようなしっとり感が!かぼちゃはフォークでつぶすだけなので、切り口からかぼちゃのペーストが見え隠れして、まだらな感じもおいしさのヒミツです。

かぼちゃを多めに入れる生地なので、実はかぼちゃ自体が甘いか甘くないか…がクッキーの仕上がりにも多少影響します。今回は標準的なかぼちゃに合わせて砂糖の量を調整していますが、すごく甘いかぼちゃで作る場合は、砂糖を少し減らしてもよいと思います。

材料4つ&型不要でかぼちゃクッキーを作ろう

木製の皿にのせたかぼちゃクッキー

かぼちゃ入りで、どこか素朴な美味しさが魅力のクッキーです。かぼちゃをつぶしたら、あとは順番に材料を混ぜて、丸めて焼くだけ。冷凍庫で生地を冷やしたり、平らに伸ばしたりという作業はいらないので、気軽に作れますよ。

お子さんと一緒に作っても楽しめると思います。ぜひ作ってみてくださいね。

記事を書いたのは・・・馬原香織(まはらかおり)
料理研究家。調理師&食育インストラクター。小学生と中学生男子2人のママ。料理教室を主宰しつつ、料理ライターとして日々料理記事を執筆中。「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」をテーマに、みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中