【おからパウダー】ダイエット&子供の栄養に大活躍!簡単な使い方はとは?!

2020/03/26
  • 料理研究家。小学生男子2人のママ。家族みんなが喜ぶレシピがコンセプトの料理教室を主宰しています!もっと見る>>

こんにちは!おからパウダーを研究しているサンキュ!STYLEライターまはらかおりです。

時々メディアで話題になる「おからパウダー」。食物繊維が豊富でお腹の中からキレイにしてくれる、ということでダイエットにも人気のアイテムです。

生のおからに比べて賞味期限が断然長く、扱いやすいのも嬉しいポイント。そして、何と言ってもパウダー状になっていることから、いろいろな料理にちょい足ししたり、小麦粉や片栗粉の置き換えで使いやすい!そんな素敵な特徴があります。

おからパウダーってどんなもの?!

豆腐や豆乳を作る過程で生まれる「出がらし」とも言われるおから。植物性たんぱく質が含まれていて食物繊維がたっぷり!低糖質&低カロリーで、大豆の栄養がしっかり残っているので、ダイエットにも子供の栄養摂取のためにももってこいの食材です。まさに主婦の味方ともいえそう!

おからパウダーは、最近は身近なスーパーでも買えます。私が手に入れやすいおからパウダーはこちらの2種。
同じおからパウダーでも、開けてみると結構様子が違うのが分かります。

左側の「さとの雪」というメーカーのおからパウダーは、粒子が粗く、パン粉の代用やひき肉料理のカサ増しにおすすめです。

右側の「キッコーマン」の豆乳おからパウダーは、粒子がとっても細かく滑らか。片栗粉のような手触りです。ヨーグルトや汁物に混ぜるのがおすすめです。

腹持ちが良くカサ増しにおすすめ!

私は、卵料理やひき肉料理に混ぜてカサ増しする使い方で、気軽に日々の食卓に取り入れています。我が家の男子たちはおから風味を感じると嫌がりがちなのですが、卵やひき肉料理に混ぜると全然気づかれません!
オムレツなど卵料理におからパウダーを投入すると、とても腹持ちがよくこれだけで満足感の感じられるおかずになったります。

ヨーグルトに入れる!

一番簡単におからパウダーを食べる方法は、ヨーグルトや飲み物に入れる方法かなと思います。無理なくスプーン1杯から試してみるのがおすすめです。
↓ヨーグルトに冷凍のベリーとおからパウダーを入れて食べます。朝食やおやつに!

シュウマイの肉ダネにも入れる!

シュウマイなど、ひき肉料理の肉ダネにもこっそり入れちゃいます。

味にも見た目にも全く豆感は感じません!おからパウダーを入れすぎるとちょっとかたくなるので、様子を見ながら入れるのがおすすめ。

ちなみに…このシュウマイは、先日記事にした「業務スーパーのカニ缶」入り。カニ缶を入れると旨味がアップしますよ~!
↓詳細はこちらから!

毎日の食卓に無理なく取り入れよう!

パウダー状になっていてとっても使いやすいおからパウダー。栄養もばっちり、低カロリー、低糖質といいことばかりです。無理なく毎日の食事に取り入れて、ママはダイエット、子供は栄養摂取!と家族みんなでおからの良さを感じられておすすめです。

◆記事を書いたのは・・・まはらかおり
料理研究家。小学生男子2人のママ。自宅の料理教室では、「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」を提案しています。みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中