【5秒で完了】もやしを少し長持ちさせるコツとは?!

2020/07/15
  • 料理に関わるお仕事をしています。小学生男子2人のママ。家族が喜ぶレシピをお伝えする料理教室も運営中。 もっと見る>>

こんにちは。家族が喜ぶレシピをお伝えしているサンキュ!STYLEライターのまはらかおりです。

安くで便利な「もやし」ですが、あまり日持ちがしないのがちょっと不便だったりしませんか?
いろいろな保存方法があると思いますが、今回は時間がない時でも5秒でできる「もやし」をちょっと長持ちさせる方法をお伝えします。

また後半では、超簡単にできるもやしの作り置きレシピと、美味しく日持ちさせるコツもご紹介していきます。

もやしをちょっと長持ちさせるには?

もやしは水分が多く、置いておくだけで水が出て袋の中に湿気が籠もり腐りやすくなります。
そこで、買ってきたもやしを冷蔵庫に入れる前に袋に穴をあける!たったこれだけで、水分が袋から逃げてくれるので、少し日持ちが良くなります。
使う道具は「爪楊枝」だけでOKです。

ただ袋に楊枝で穴をあけるだけなので、5秒もあればできます。
10か所くらい開けて、穴をあけた方を上にして冷蔵庫の野菜室に入れておきます。穴無しだと1日で袋の下の方に少し水気がたまってきますが、穴を開けておくともやしがサラサラっとした状態を保ってくれます。

すぐに使う予定がない時は…簡単作り置きで乗り切る

それでも、1週間以上劇的に日持ちするわけではないもやし…
どうしてもすぐに使い道がない時は作り置きレシピで乗り切るのもおすすめです。

もやしときゅうりのやみつき中華和え

【材料】
・もやし 1/2袋
・きゅうり 1/2本
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・ごま油 小さじ2
・塩 1つまみ

【作り方】
もやしを酢入りの湯で茹でてしっかりと水気を切り、千切りにしたきゅうりと調味料を和える。

もやしの白だし和え

【材料】
・もやし 1/2袋
・白だし 大さじ1
・炒りごま 適量

【作り方】
もやしを酢入りの湯で茹でてしっかりと水気を切り、白だしとごまを和える。

もやしを美味しく作り置きするコツは?

1.茹でる時に酢を入れる

もやしを下茹でする時に、酢を入れて茹でると独特の臭みが消えて作り置きしやすくなります。

2.水気をよく拭き取ってから味付けする

もやしはとにかく水っぽいので、ペーパーで拭いてその後ギュッと絞ってから味付けすることで、日持ちがしやすく味もぼやけず美味しい常備菜ができます。

ちょっと面倒ではありますが、このひと手間が日持ちのコツ!

とりあえず穴をあけて保存してみよう

買い物から帰ったら、とりあえず穴をあけて保存!これが一番簡単な保存方法かと思います。面倒くさがりでマメでない私でも、この方法は続けられています。すぐにべちゃっとするもやしも、サラサラ感をキープしてくれるのでありがたいです。

ただ、劇的に日持ちするわけではないので、できるだけ早く使うor簡単な作り置きで日持ちさせるのがよさそうです。

◆記事を書いたのは・・・まはらかおり
料理研究家。小学生男子2人のママ。自宅の料理教室では、「家族が喜ぶ何度も使えるレシピ」を提案しています。みなさんの毎日の食卓を美味しく楽しく演出できるようお手伝いしたいと思っています。

計算中