【できたことに目を向けよう】ミニマリスト2児ママの「ステイホーム中の衣食住」すべて見せます

2020/05/27
  • シンプルライフブロガー&2児のママ。ラク家事&スッキリ収納で軽やかな暮らしを目指してます! もっと見る>>

こんにちは!シンプルライフブロガー&ライターのマツと申します!年長女子と年少男子の2児のママです。

外出自粛、緊急事態宣言、休校、ステイホーム…そして、これからも「新しい生活様式」が続く日々ですね。みなさまお変わりありませんか。

この2か月の暮らしの中で、いわゆる「おうち時間」は増えました。とはいえ、筆者自身は貴重な一人時間がなくなったり、なかなかパソコンに向かって執筆時間をとることができなかったり…予定していた外出の予定がキャンセルになった人も多いことと思います。

「やりたいことが思うようにできなかった!」と思いがちなこの2か月ほどの暮らしを、今回少し前向きに「できたこと」に着目して振り返ってみます。(ポジティブシンキング大事!)ミニマリストな2児ママの、ステイホーム期間中の衣食住を大公開です!

よろしければ続きもご覧くださいね。

まいにち楽らく!ワンピース暮らし

ミニマリストとはいえ、服は好き。好きな服を気分よく着るために自分に合った数を模索しながら、多すぎず少なすぎない数を意識して管理しています。

▼なるべく少数精鋭の服で着回すのも楽しいものですよ

おうち時間が圧倒的に増えたことで、必要な服の種類やその割合が変化した方も多いと思います。筆者もそのうちの一人。

外出が少ないのでわざわざ「おでかけ着」を着ることがなくなり、またそれが長期化してくることで「おうち時間も気分があがると嬉しい」気持ちにシフトしていきました。

▼着心地もよくて気分もあがるシンプルなワンピースをネットで購入

そのまま寝られるくらい快適なワンピースです。

この夏は家にいるときはほとんどこのワンピースを着て、そのほかのワードローブでもメインはワンピース数着になりそうです。着ていて楽ちんで気分もあがりますからね。

▼刺繍の入ったワンピースはたまの外出(買い物や送迎時)の気分転換にもなります

何かとストレスを抱えやすい毎日ですが身に着けるものがお気に入りのものだと、それだけでもほんの少しストレスから解放されるような気持ちになるものです。服が好きな人なら、その効果は大きいのではないでしょうか。

▼過去にご紹介したGUのシェフパンツは、ワンピースの下に重ね着するのにも◎

買い物の回数を抑えつつ、おうち〇〇も楽しむ

レジャーを控えている分楽しみなのが食事。外出自粛により、買い物回数をなるべく抑えられるように工夫しながら食事を準備しました。

▼薄力粉がまだ手に入った自粛期間中前半は、小麦粉を使ったおやつも色々つくったり


買い出しした日はフルーツもあったりして豪華におうちカフェ風にしたり、チョコバナナも簡単に子どもたちと作れておいしかったです。我が家は凍らせるのが人気で、これからの季節にも重宝しそうです。

おやつのみならず、朝昼晩の3食も食べたいと思うものをたくさん食べました…(あ、だから太ったのか)

大人も子どもも時間はあるので、子どもたちと一緒に手打ちうどんにもチャレンジ。

子どもが小さいとはいえ、給食がないだけで毎日食糧がどんどん減っていくのを目の当たりにする毎日でした…

▼簡単な作り置きや下味冷凍なんかも活用して過ごしていますよ

▼豚の梅しそ巻きと、焼き鳥丼が人気の下味冷凍

物も増えたけど…片付けもチョコチョコと。

やる気がある日はちょっと片付けをしたりしました。やる気がある日…いえ、どちらかというとやる気がない日に片付けをして、心をスッキリさせてたと言ってもいいかもしれません。

▼ごちゃっとして使いづらくなっていた引き出し…

なにかの「合間」に片付けて、引き出しと自分の気持ちをリセットしていました。

▼引き出しの片付け後の画像はこちらに載っています!

こちらはリビング。外遊びが思うようにできない分を少しでも補うためにトランポリンを導入したり、もてあました時間で作った工作の作品が溢れたり…片付けては散らかり、片付けては散らかり…片付けるのをあきらめる日もあったり…笑

キッズスペースの模様替えもしました。キッチンから死角になる位置におもちゃコーナーを移動させることで「ごちゃごちゃが頻繁に目に入るストレス」を排除(笑)

根本的な解決ではありませんが、長期戦になるおうち時間を少しでも快適にするには一定の効果は期待できますよ。

▼片付け後なので整っていますが、引き出しが飛び出てたり本が溢れたりしていても「ママからパッと見えない」だけで心がうんと軽くなります

お読みいただきありがとうございます!

さいごまでお付き合いくださりありがとうございました!!

ステイホーム中は「できなかった」事も多くモヤモヤしたり悲しい気持ちになったりすることも多かったことは事実です。やる気がある日とない日の波も、随分とたくさんありました。でも、「できたこと」に注目すると少しは充実してたかなと感じることができると思います。

これからも、新しい生活様式で様々な変化に柔軟に対応していかなければならないけれど、できなかったことばかりに着目せず(多少の反省は必要ですが)、何事も前向きに出来る事から取り組んでいけたらいいなと感じています。

…そんなことを、書きながら自分自身に言い聞かせるのでありました。

甘やかしすぎは色んな意味で危険ですが(爆)

◆記事を書いたのは・・・マツ
シンプルライフブロガー&ライター。単身赴任中の夫と5歳3歳の姉弟と4人家族。今年こそ痩せるぞ!と意気込んでいたつもりが、巣ごもり生活ですっかり…

ブログ・SNS

計算中