築5年でリフォームすることに…我が家の失敗談2

2020/07/22
  • 家事苦手だった元残念な主婦。9歳の障害を持つ娘、4歳の息子の育児や整理収納術を紹介します。 もっと見る>>

元残念な主婦あるみかんです。

念願のマイホームに住み始めて早5年。

まだまだ新築気分でしたが家のあちこちが傷んできてしまいました。

原因は、前回の記事にも書きましたが、想像力にかけていたことです。

迷いに迷って、この度リフォームすることに決めました!

和室が必須と勘違いしてた!畳から悪臭。。。

夫の実家も私の実家もリビングの横に畳の和室があります。

なので家には和室は必須と思いこんでいました。

しかし、我が家には向いていませんでした。

食べこぼしが多い娘。
わんぱくな息子。。。
とにかく我が家はすぐ汚れてしまうので、フローリングはお手入れしやすい色や素材にしてもらいました。

しかし、和室はうっかりしていました。
畳の目の隙間に入る食べかす、いたずら書きのクレヨン、ほこりなど細かいゴミの汚れ目立ちはじめました。

きれいにしたいとぞうきん、古いハブラシなどあの手この手で掃除した結果、よごれは落ちず、むしろキレイだったところの色を落としてしまう私のドジっぷりで、さらに悪化。。。

ダニが出そうと思っていたら、そのうちに悪臭が。。。

このままだと見た目の悪さだけではなく、家族の健康も損なうかも。

一大決心!リフォームを決めました!

畳を変えようかと思いましたが、同じことを繰り返すので、
家を立ててくれた会社に連絡し、床ごと変えることにしました。

ロールカーテンの落とし穴

前の家に住んでいたときはよくある布カーテンでした。

娘はよくカーテンの中にもぐっていたずらしたり、食べ物をついた手で触ってベタベタに、汚れたり。。。

またブラインドもいたずらして、めくれ上がてしまったり。。。

ロールカーテンなら大丈夫だろうと決めました。
しかし引っ越した日の夜に問題が。。。

ロールカーテンのチェーンが気になりいたずらを。それだけではなく首にひっかかりそうで危険が!夫がチェーンを外しましたがカーテン下げにくい。。。

またウォッシャブルタイプにしなかったので、汚れが目立って大変なことに。

こちらも思い切って変えることにしました!安全面、衛生面からも取り替えたほうが絶対にいいので。。。

まずは安全と清潔

念願のマイホームに嬉しくて嬉しくてテンションが上がっていて、オシャレで自分好みのデザインにしたいとつい思ってしまいしたが、特に子供がいる家庭では安全面、衛生面が一番大切ということがわかっていませんでした。

安全面は考えていたつもりでも、いざ出来てみると、イメージできていなくて失敗が。。。

失敗談は数々あるけど、私は今の我が家が大好きです!

今よりより過ごしやすくしていくための前向きなリフォーム!

完成したら報告します。

★この記事を書いたのは家事が苦手なあるみかん。ズボラでもきれいな家をキープしていきたいです。

計算中