ポッコリお腹をへこませる秘訣は、たった15秒のヤンキー座りだった!?

2022/08/07
  • 「食いしん坊が太らないコツ」に、少しだけ詳しい調理師。行動力はあるけれど挫折も多いアラフォーです。 もっと見る>>

実母が人工関節を入れる手術をしたことから、姿勢と筋力と柔軟性の大切さを知った、サンキュ!STYLEライターのacoです。お立ち寄りありがとうございます。

今日は、1日に5秒×3回を繰り返すだけでポッコリお腹をへこませるエクササイズを紹介します。

お腹がポッコリするのは、単純に「脂肪」ばかりではなく、姿勢の悪さから筋力が衰えたことが原因の場合があります。
だからこそ毎日数秒でも良いから「美姿勢」を保つための筋トレをおすすめしたい。

そのためにはまず柔軟性。
関節が硬いと、エクササイズや筋トレの効果が出にくいのだそうです。
そこで、運動不足の人は筋トレを始めるよりもストレッチを大切にしましょう。ということなのですが、その「硬さ」を知るために試して欲しいのが【ヤンキー座り】です。

かかとをつけたまましゃがめますか?後ろにひっくり返ってしまう人は要注意です。

背骨、股関節、ひざ関節、足関節のどこか(もしかすると全て)が硬くなっているために、筋トレの効果が出ないばかりではなく、怪我をすることもありますのでお気をつけください。

どこかが硬いとバランスが取れません

背中と股関節とひざと足首をまとめてストレッチできないものかと、通っているジムで相談しましたら、足を大きく開いてひざとつま先を外に向け、手はひざに。そして肩を内側に入れる「肩甲骨はがし」ストレッチが良いのではないかとのことでした。
左右10秒ずつ行いましょう。

ヤンキー座りの効果

しゃがんで立つ。という動きを繰り返すと「骨盤底筋」を鍛えられるため、女性にうれしい効果が期待できます。

・出産や老化で起こる尿もれを予防
・骨盤を引き締めるので、ポッコリお腹をなくし、くびれや小尻をつくる
・骨盤周辺の血流がよくなり、子宮や卵巣の環境が整うので、生理痛を軽減
・歩き方や生活習慣でゆがんだ姿勢を整える
・デスクワークや長時間のスマホ利用による、猫背や腰痛の改善

うれしい効果がこんなにたくさんあるのに、1回5秒×3回。たった15秒を毎日続けるだけ。

ヤンキー座りを練習しよう

慣れないうちはふらついて危ないので、椅子などにつかまって行うことをおすすめします。

まず、足のつま先を90度に開きます。
ひざも同じ角度で開いてゆっくり腰をおろします。

イスや洋式トイレを使うことが多い現代、なかなかしない姿勢ですね。
しゃがんだ姿勢を5秒キープしたら立ち上がる。を3回繰り返すだけなのでお試しください。

かかとを上げて背筋を伸ばすと「そんきょ」の姿勢になり、さらに効果的です。

イスに座ることが増え、ベッドを使うことでふとんの上げ下げをしなくなり、「立ち上がる」という「日常の動作」が減ったことで、現代人は足腰が弱ってポッコリお腹になりやすいとのこと。

下の方の物を「腰を折って取る」のではなく、「ひざを曲げて取る」だけでも、スタイルに変化が表れるかもしれませんよ。

◆記事を書いたのは・・・aco
高校時代に姿勢の悪さから坐骨神経痛を発症。産後のがに股に驚き「美姿勢」になるためのエクササイズを学んだ2児の母。
「健康的にラクして体型維持をしたい」と考えている40代だからこそ、「簡単にできること」を日々模索しています。

計算中