【ストレスフリーな暮らし】日常を充実させる「20のコトリスト」

2021/04/13
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子どもがいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

68平米のマンションに家族4人暮らし。7歳(息子)と5歳(娘)のママ。
シンプルライフを目指す、サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

毎日単調な日々に飽き飽きしていませんか?
特におうちにいる時間が長い主婦だと、家事をしてテレビを見てあっとゆう間に1日終わっていた、なんてことも多々あります。

しかし、工夫によって、スキマ時間で日常を楽しむこともできます。
今回は、日常を充実させることをリスト化してみたので、ご紹介していきます。

いつもと違うことをしたら特別な毎日になる

毎日単調でつまらない!と感じる理由は、毎日同じことを繰り返しているからです。

では、毎日を特別に感じるためにはどうしたら良いのでしょうか?
答えはいたってシンプルです。

それは、いつもと少し違うことをやってみる。
たったそれだけです。

違うことをやるといったらハードルが高く感じるかもしれませんが、全くそんなことはありません。
むしろハードルを低くすることで、お金をかけずに楽しみを増やし続けることができるのです。

それでも何から始めれば良いか分からない!という人のために、20のコトリストをつくってみました。

日常を楽しくさせる「コトリスト20」

・お部屋の模様替え
・お片付け風景をタイムプラスで撮る(ビフォーアフターの写真でも可)
・クローゼットをお店に見立ててディスプレイごっこをする
・お風呂の電気を消して間接照明で入浴する
・半身浴をしながら飲み物を飲んだりアイスを食べる
・ベランダで過ごしてみる
・カフェタイムに飲む種類のレパートリーを増やす
・おうちの中で香水をつける
・おうちの中でワイヤレスイヤホンをつけて好きな音楽やラジオを聴く
・スタバBGMをかけてコーヒーを飲む
・学びの時間をつくる
・プロジェクターで、おうち映画館をする
・おうちカラオケ(マイク無し)をする
・平日昼間にノンアルコール飲料を飲む
・DIYに挑戦してみる
・お花を飾ってみる
・作業場所をいつもと違う部屋でしてみる
・作ったことのないレシピをつくってみる
・週末におうち居酒屋さんをする
・くもりや雨の日にシーリングライトをつけず、間接照明やダウンライトのみで過ごす
・よく使う日用品やキッチン用品こそ、とびっきりお気に入りのものに替えてみる

スッキリした空間で行うと更に楽しくなる

部屋が散らかっている状態だと、「部屋を片付けなきゃ」と思い楽しむことになかなか集中できません。

「人生を充実させるために整理をする」

これも立派な動機となります。

整理整頓をした後に、楽しいことがたくさん待っていると想像すれば、ワクワクしてきませんか?
是非、あなた自身で体験してみてください。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中