【シンプリスト】減らすことにハマった主婦が捨てて後悔した物3選

【シンプリスト】減らすことにハマった主婦が捨てて後悔した物3選

2023/09/06
  • フリーランスで7歳・5歳のママ。元捨てられない女が「子どもがいてもシンプルに暮らす方法」を発信中。 もっと見る>>

シンプルでストレスフリーな暮らしを目指す、サンキュ!STYLEプレミアライターのシンプリストうたです。

物を手放すことによって汚部屋を脱出できたのも事実ですが、中には捨ててしまって後から「しまった!!」という物もありました。

そこで今回は、数多くの物を捨ててきた汚部屋出身のシンプリストが、「捨てて後悔した物」を告白していきます。

1.結婚指輪の保証書

1.結婚指輪の保証書
婚約指輪、結婚指輪は残しています

捨てるつもりはなかったものの、捨てることにハマった時期に勢いあまって捨てていたようです。
つまり、永久保証だった結婚指輪の保証を一生受けることができません。

挙句の果てに、少し前に指輪のサイズが合わなくなって着けられなくなってしまいました。

購入時に証明書などがあれば、対応してくれる旨の説明を聞いた記憶が微かにありますが、手元に証明できるような履歴は何も残っていません。

とはいえ、指輪をつけない生活にもすっかり慣れてしまったので、「ま、いっか!」と楽観的に捉えています。

2.スプレーのヘッドノズル

2.スプレーのヘッドノズル
こちらは虫退治用スプレーのノズル

スプレー缶を購入した際についてくる、先が細いノズル。
使う時だけ取り付けるのですが、単品で落ちていた時にノズルだとは気付かずに、「何だコレ?」と思いつつ捨ててしまいました。

その数ヶ月後、バイクのチェーンに油を差したい夫が、「細いノズルがない!」と騒いでいてギクリ…。
もしかしてあの時の細い棒はそれだったのか!とようやく謎が解けたのでした。

本体の中身はまだたっぷりあるので我慢して使っていますが、やはりノズルがないと使いにくいです。

3.落ちていたネジ

3.落ちていたネジ
我が家のネジ収納

家にいるとたまに「謎のネジ」が落ちていることはありませんか?

今までとっておいて再び使うことはなかったので、即捨て。

しかし、後日学習椅子が少しぐらついていることに気づき、「もしかして…」と思い恐る恐る見てみると、案の定ネジが2箇所ほど外れていました。

どうやら、物が減ったことで今まで気づけなかった所にも目が届くようになったようです。

ホームセンターで買い直せばいいものの、ピッタリのネジを探すのも一苦労。
「迷ったら捨てる精神」は、ここでは失敗!

ネジに関しては1年以上は保管する事にしました。

一瞬は後悔したけど長期的に見れば後悔なし!

「ほら、やっぱり捨てまくって失敗している」と思われそうですが、数千個の物を手放してきた中でパッと思いついたのはこの3つくらいでした。

「捨てなきゃ良かった」と気持ちを引きづって家が片づかないくらいなら、多少の物は買い直してでも減らしてすっきりさせた方が、後悔は残りません。

ただひとつ反省点をあげるなら、「コレ何だろう?」と思う物に関しては保留期間を設けたり一度家族に聞いてから判断した方が良いですね。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
子どもがいてもズボラでもすっきり暮らせるアイデアをご提案しています。

計算中