「これ以上無理!」から更に物を減らせる3つのアイデア

2020/09/06
  • 専業主婦で6歳・4歳のママ。「子どもがいてもズボラでもすっきり暮らす」をテーマに発信中。 もっと見る>>

こんにちは!68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
サンキュ!STYLEライターのシンプリストうたです。

もうこれ以上捨てる物はないはずなのに、何故かすっきりせず心がモヤモヤする時はありませんか。
様々な原因が考えられますが、もしそれが「物理的」なものだった場合、まだまだ減らせる余地はあります。

ただ、物を減らして不便になったのでは本末転倒です。
物は減るのに、より快適にできる3つのアイデアを伝授したいと思います。

1.レンタル(サブスク)を利用してみる

物を減らして、何かを新調したくなった場合、「レンタル」や一定額で利用できる「サブスク」を利用してみるのも一つの手です。

特に、使用する期間が限定される場合や場所をとる家具家電や布団等がオススメです。

レンタル(サブスク)できる物リスト

.セレモニースーツやドレスのレンタル
・ベビー用品のレンタル(ベビーベッド、ハイチェア、ベビーサークル等)
・来客布団のレンタル
・室内遊具のレンタル(鉄棒、ジャングルジム等)
・普段着や小物のサブスク
・一定期間しか使う予定のない家具家電のサブスク
・おもちゃのサブスク
・雑誌や本のサブスク
・車のレンタルやサブスク

頻度が低いものを日常使いにしてみる

頻度は低いけれど、無くしたら困る!という物も中にはありますよね。
そんな時は、思い切って日常使いに回してみることをオススメします。

例えば、我が家は来客布団をやめて、日常生活で家族が使っている「洗濯機で洗える掛け布団」やマットレスを来客の時は回すことにしました。

限りがあるマンションの収納なので、来客布団一式がないだけでとてもスッキリしますよ。

日常使いできる物リスト

・来客布団
・来客食器
・防災用品の一部
(モバイルバッテリー、マット、飲料水、食品備蓄、ライト等)
・オシャレ着
・普段使いのタッパーをお弁当箱にしてみる

多機能なものを選ぶ

「多機能」、「兼用」、「多目的」、「2way」、「1台〇役」等がキーワードです。

物を絞っても用途としては困らず、むしろ管理する物が減るので快適になります。
買い物をする時も、これらのキーワードを意識してみてはいかがでしょうか。

多機能で使える物リスト

・食器と湯のみ兼用でそば猪口
・サーキュレーターと扇風機を兼用
・加湿+除湿+空気清浄機能が一体になっている空気清浄機
・1台何役にもなるマルチ鍋
・部屋着にも普段着にもなるワンマイルウェア
・ソファーとしてもベッドとしても使えるソファーベッド
・収納としてもベンチとしても使えるベンチ収納
・シンプルな机で大人も子供も使える作業机
・照明とプロジェクターやその他の機能が一体になった「PopInAladdin」

最後に

いかがだったでしょうか。

我が家も「これ以上無理!」からこの3つを意識したところ、更に物を減らす事に成功しました。

自分にとって、「ちょうど良い物量」を見つけると快適な生活を送れること間違いなしです。
これらの3つのことに当てはまる物はないか、この機会に探してみてくださいね。

記事を書いたのは・・・シンプリストうた
68平米のマンションに家族4人暮らし。6歳(息子)と4歳(娘)のママ。
ズボラでも小さな子供がいてもスッキリ暮らす為のストレスフリーな暮らしを提案しています。

計算中