陽気な古い母と一緒に笑って話している若い大人の娘

【悩み相談】ママ友がいない私、退職後孤独になりそうで不安です…

2020/04/15
  • 心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

こんにちは、心理カウンセラー・エッセイストの若松美穂です。
あなたには信頼できるママ友はいますか?もちろん必要ないという方もいらっしゃるでしょう。ですが、ママ友が欲しいと思っているのに、なかなかできないとなると不安ですよね。

今回は「ママ友がいない私、退職後孤独になりそうで不安です…」というお悩みが寄せられましたので、早速見ていきましょう。

お悩み:仕事ばかりで、退職後孤独になるのでは?と不安です

▼相談者▼
あわわんママさん40歳
▼家族構成▼
夫40歳・長女12歳・二女10歳

▼相談内容▼
2児を育てているワーママです。フルタイムの仕事であるため忙しく、子どものお迎え時に親しいママ友を作る余裕はありませんでした。行事にも主人と交代で出ており、仲良く話せる程度のママ友はいるものの、お茶をしたり、ランチを食べに行ったりするママ友はいません。

学生の頃の友達も大学が遠かったため、地方に散り散りになっています。そのため会う機会も1年に1回有るか無いかです。仕事の同僚とはお昼を一緒に食べるものの、それぞれ子育てで忙しく、外で会うという感じでもありません。これから先、仕事を定年まで勤めあげたとしても私は、退職後に悩む男性のように、孤独になるのではないかと心配しています。

仕事ばかりしており、自分の友達を増やすことが出来ておりません。どうしていくとよいのでしょうか?

お返事:今からでも遅くないはず! まずは行動してみましょう

2人のお子さまを育てながらフルタイムのお仕事。休日も行事などがあって、お忙しいのですよね。本当にお疲れ様です。

きっとこの先も、中学校・高校・ご自分の趣味を通してなど、ご友人をつくるチャンスは、たくさんあるのかもしれません。お子さんの成長と共に、ご自身の時間も生まれ、今よりはずっと、外出しやすくなるのではないでしょうか。
ご主人さまも、交代で行事に出てくれているとのことですから、この先も時間作りには、協力してくれそう……かな? 期待しましょう!

私自身、2人の娘それぞれに、どの時期にもいい出会いがありました。初めは子どもを通してのお付き合いでも、いつの間にか子どものことは関係なく、仲良くなった方もいますし、子どもの状況が変わると同時に、自然と消滅していくお付き合いもありました。仕方がないことです。

また、一旦は離れても、何かのご縁でお付き合いが生まれたり、再度復活したりする場合もあり、おもしろいな~と感じています。

ふと私の周りを見渡して……、「お友だちができない」「いない」とおっしゃる方と、
いくつになっても色々な方とのお付き合いを続けている方の違いを考えてみると、いくつか必要なことがあるのではないか……と感じたりもします。

以下は、あくまでも私の視点です。他の方に伺ったら、もっと、色々なことが挙げられますね、きっと!

例えば、家族や親戚・ご夫婦で過ごす時間が多い場合は、他の方とおつき合いする時間は生まれませんよね。時にはそこから離れ、あえてランチ会や飲み会に参加する。ご近所の集まりや趣味の会・習い事に参加するなど、別の場所に出かけてみることも必要なのかもしれません。

また、誘ってもらうのばかりを待っていてもチャンスは生まれないのかな……と。

私は、お話を伺ってみたい、お友だちになりたいと思う素敵な方には、「今度、一緒にお食事しませんか」と、自分からお声がけをしますし、いただいたお声がけには、できるだけ乗らせていただきます。お友だちをつくるチャンスですから!

もちろん、お声がけをしても、相手が乗り気ではない時には、あきらめも必要です。逆に「わあ、嬉しい」『行こう!行こう!』と言ってくださる時には、社交辞令で終わらないよう、日程を伺って、たいてい行きます(笑)

「会う」ばかりが、関係を続ける方法でもないですよね。例えば、友人に手紙を書く……とか、空いている時間を伺って、ちょっと電話をしてみるとか。

それから、”自分のために”必要な友だち”自分のために”必要な関係というだけでは長くは続かないようにも感じます。やっぱり根底には、相手を思いやる気持ちや相手を大切にする気持ちがないと……ね。

あなたの場合、いま仲良く話せるお友だちはいらっしゃるようですし、焦る必要はないのかもしれません。でも、もし、今後が不安なようであれば、まずは、ご自分から行動を起こしてみてはいかがでしょう。

ご家族以外の人とお付き合いすることで、新たな視点や考え楽しい世界を知ることができ、今以上に潤いのある生活になるかもしれませんよ。

計算中

関連するキーワード