空の背景とパステルカラー。ベクトルイラストレーション

気軽に夢を持つことでアガる⤴気持ち【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2020/08/22
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

こんにちは。40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。24歳と19歳、二人の娘の子育て経験と、心の勉強から学んだこと、お客様とのお話を通じて感じたことを書いております。今回は『夢』や『したいことを持つ』ことで、変わることです。

「夢」ありますか?

『夢』がありますか?と訊かれたら、皆さんはどう答えるでしょう。夢ほどではないけれど、日々、「これができたらいいな」「〇〇をしたいな」というのはありますよね。私は旅行が好きです。昨年、子育てにひと息ついた友人と“母卒旅行”に北陸へ行こう!!と宿も取ったのに、2度の台風とコロナの影響で未だ行くことができずにおります。今となっては、彼女と旅行に行き、楽しい時間をと思い出を作ることが、私の夢のひとつです。

子どもたちにもあったけれど……

 わが家の娘たちにもそれぞれありました。小さい時には、学校の先生になりたい!カメラマンもいいな~。シャラポワになる(テニス選手という職業をしらず、当時有名だったシャラポワ=テニス選手だと思っていたらしいです)、たくさんの楽しい夢があり、年齢があがるにつれ、その都度変わっていきました。現実は、長女はいたって普通の会社員。二女も周りとなんらかわらない大学生。今後も、何か特別な職業に就くという雰囲気でもありません。

目標、計画、オフィスアクセサリーとメモ帳のアクションテキスト。ビジネスのモチベーション, インスピレーション, プロのパフォーマンス
HAKINMHAN/gettyimages

夢と現実はいつも一緒じゃない

 今思うのは、自分も含め、『夢』や『こうしたい!』は持っているだけでも充分なのかもしれないということです。もちろん、何かを成し遂げることができたら素晴らしい。でも、したいことを、“語ること”と“実現する”ことを、常に一緒にする必要はないと思うのです。
どちらかと言えば大きな夢をかなえることができるのは、ひと握りの人。時に、挫折やあきらめが必要な場合もありますし、現実を見ることも大切なことです。

「今」夢があることに意義がある

 何より、『夢』や『やりたいこと』があるだけでも楽しい気持ちが生まれ、その時々、向かうもの、つまり目標や目的があるということに意味があると思うのです。ですから、子どもたちに「あなたはそんな風にはなれない」とか「今のままでは無理」なんていう必要はなくて、「そっか、今はそうなりたいのね」「まずはできることをやってみよう」で、いいのではないでしょうか。

美しい魅力的な茶色の波状の髪の女性のためのクローズアップは、新しい製品を提示します。販売マーケティング割引広告贅沢唇皮膚科医療コンセプトピンクのパステル背景の上に孤立
Deagreez/gettyimages

気軽に夢を見て 気持ちをアゲる

 あくまでも私の経験ですが、したいことは「こうしたい」と口に出した方が良いと思うのです。その言葉が、自然と自分に暗示をかけ、向かいたい方向・なりたい方向に、目も足も向いていくからです。夢はいつでも、いくつになってもみればいい。語ればいい。でも、叶えられなくてもいい。叶えられないこともある。気持ちをあげて過ごす、今を充実させるためのひとつの支えくらいに思って、気軽に夢をみたら、生活が楽しくなると感じています。

この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード