無印の収納ボックスで面倒な洗濯物の家事をやめました!

2020/09/25
  • 息子2人を育てるシンママ。1000万円貯金を目指し奮闘中です。もっと見る>>

汚れや種類を見ながら仕分ける
洗剤や柔軟剤を入れて洗濯機をまわす
乾かしやすいように考えながら干す
室内に入れて畳む
分類分けをする
それぞれのクローゼットに直す
と、なにかと手間のかかる洗濯。

家事の中でも特におっくうだと感じる方も多いのではないでしょうか?

私もその1人でした…
そこで、無印の収納ボックスを使い見た目もオシャレに
洗濯物の家事を一部やめることができ
とても時短になりましたのでご紹介します。

洗濯物を取り込む

洗濯物を干すところまでは
通常通り行います。

乾いた洗濯物を取り込む際に
パジャマやタオル、明日着る洋服は畳まずに
そのまま無印の収納ボックスに入れます。

無印の収納ボックスはいくつか用意して入れるようにしています。

私の場合
ポリエステルこソフトボックスへはパジャマや洋服に
ラタンバスケット(かごボックス)へはタオルを
と種類分けしています。

収納に合わせて畳まない

パジャマやタオルは畳まずに
取り込んだものをそのままポイッとボックスに入れ
そのままバスルームに持っていき置きます。
すると、家族がお風呂上がりに自分から取り出してくれます。

明日着る洋服のみ
シワが気にならないように軽く畳むようにしていますが
収納に合わせて畳む必要がないのでとても楽です。

畳まずにポイッと収納

この洗濯物を畳まずにポイッとすることを採用して
洗濯物と格闘する時間がグッと減りました。

また、畳まないいけない洗濯物が山積みになり
テンションが下がるということもないので
ストレスを激減させることができますよ。

計算中