夏野菜の旨味たっぷり!【ナスと玉ねぎのラタトゥイユ】簡単レシピ

2021/05/12
  • 料理研究家。フランスの料理学校への留学経験を活かし、気軽に楽しめるレシピの考案や、コラムを執筆中♪もっと見る>>

フランス料理をはじめ家庭で気軽につくれるレシピを中心に、暮らしを楽しむアイデアを発信している料理研究家のmarieです。今回は、市販のカットトマトを使用したラタトゥイユの簡単レシピをご紹介します。夏野菜の旨味がたっぷりつまった南フランスの郷土料理です。

材料(4人分)

ナス…3本
玉ねぎ…1個
にんにく…1片
カットトマト缶(またはパック)…1個(350~400g)
コンソメキューブ…1個
白ワイン(または水)…50ml
オリーブオイル…大さじ2
塩・こしょう…少々
ローリエ(お好みで)…1枚

ナス、玉ねぎのほかパプリカ、ピーマン、ズッキーニでもおいしくつくることができます。

つくり方

早速つくり方をご紹介します!

(1)野菜をカットする

ナスはヘタをとり1cm幅の輪切りにします。

水に約5分浸し、キッチンペーパーでしっかり水気をふきとります。水に浸すことでアクが抜けおいしく仕上がり、変色を防ぐこともできます!

玉ねぎはたて半分に切り、くし形に切ります。

にんにくはたて半分に切り、芯を取りスライスします。

(2)ラタトゥイユをつくる

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかけます。

小さな泡がでている状態で焦がさないように炒め、にんにくの香りをオリーブオイルにうつします。じっくり炒めることで、にんにくの香りを最大限に引き出します。

にんにくの香りがたったらナス、玉ねぎを加え中火で炒めます。ここでひとつまみの塩を加えると、野菜から水分がでて焦げつきを防ぐことができます!

玉ねぎが透き通りしんなりしたらカットトマト、白ワイン、コンソメキューブ、ローリエを入れ、ふたをして弱めの中火で約10分煮ます。

ふたをはずして塩、こしょうで味を整えます。冷やして召しあがる場合は塩味を濃く感じやすいため、ややうすめに味つけするのがポイントです◎!

ラタトゥイユの完成!

ローリエを取り出し器に盛りつければ、南フランスの郷土料理ラタトゥイユの完成です。夏野菜の旨味と酸味が食欲をそそります!

簡単アレンジ!ラタトゥイユのチーズ焼き

完成したラタトゥイユを耐熱グラタン皿に入れ、ピザ用チーズをふりかけます。200度のオーブンまたはトースターで約5分加熱します。チーズがとろけたら、ラタトゥイユのチーズ焼きの完成です。お好みで刻んだパセリをトッピングします。とろ~りチーズと夏野菜の旨味が相性抜群◎!

今回は、市販のカットトマトを使用した簡単ラタトゥイユのつくり方をご紹介しました。お酒との相性もばっちりなので、おうちディナーの一品としても◎!夏野菜がおいしいこれからの季節にぜひつくってみてくださいね。

◆記事を書いたのは・・・marie
フランス料理とお菓子が大好きな、料理研究家marieです。フランス料理をはじめ、家庭で気軽につくれる世界各国のレシピを中心に、暮らしを楽しむアイデアを発信しています。食料品店巡りが大好きなので、おすすめ商品を使ったレシピなどもご紹介します。
Instagramでは日々のお菓子づくりや料理の様子を投稿しています。

計算中