【27年体重キープ】具体的に何に気を付ければ40キロ台をキープできるの?

2021/10/14
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

18歳のときのスカートが今も履ける45歳のサンキュSTYLEライター、マミです。

妊娠出産を除いて、私は約27年間体重がほぼ変わっていません。身長163cmくらいで、体重は48kgくらい。今朝の体重は47.9kgでした。

「代謝が下がってくるから40歳を過ぎると若いころと同じ生活をしていても太る」なんて話をよく聞きますよね。

そこで今回は、45歳の私が40キロ台をキープするために、「具体的に何に気を付けているか?」をご紹介します。

満腹まで食べない

当たり前ですが、いつも満腹まで食べているとやっぱり太ります。そして、歳を取ってくると、空腹より満腹の方が身体に負担がかかることに気が付いてくるものです。

腹八分目、もしくは七分目くらいでやめるようにしています。慣れてくればこれが快適ですよ。

食べる順番に気を付ける

簡単で、今日からでもすぐできるのが「食べ順」に気を付けることです。

食事のときに、「野菜→おかず→ごはん」の順で食べていけば血糖値の急上昇を防ぎ太りにくくなるといわれています。

どうしてもご飯とおかずは一緒に楽しみたいので、私は「野菜→味噌汁→ごはんとおかずは一緒」という順番で食べています。

はじめは最初の一口を野菜にするだけでもいいそうです。簡単にはじめられますよね。

薄味を心がけ、薄味に慣れる

薄味を心がけることも大切です。塩分の多い食事はむくみますし、血圧も気になる年齢になってきました。

私はお寿司にも醤油はつけませんし、サラダにドレッシングもかけず、食パンにも何も塗りません。

慣れてくると素材そのものの味がわかり、おいしく感じるようになりますよ。たまに外食をすると喉が渇いてしかたがなく、翌日には体重が増えています。

簡単にできるエクササイズを続ける

何もしなければ筋肉が落ちて代謝も落ちるのは当たり前。簡単にできるエクササイズを続けることは大切です。

私は食事の後に、つま先を上げ下げする「かかと落とし」と、ゆっくりしたペースで行う「7秒スクワット」を毎日しています。

常に姿勢に気を付ける

姿勢に気を付けることも大切です。正しい姿勢を常にキープするには、結構たくさんの筋肉を使うことに気づくはず。更にお腹を凹ませるようにすれば腹筋にも効きますね。

わざわざ長い時間を使って辛いトレーニングをしなくても、筋肉を使うことができますよ。

睡眠を大切にする

身体を動かすだけでなく、きちんと休養することも大切です。

自律神経やホルモンバランスが狂うと太りやすくなるともいわれていますから、しっかり眠り、身体のリズムを崩さないこともとても重要ですよ。

すべてを習慣にしていく

一番大切なのは、すべてを「習慣にする」ということです。歯磨きや入浴のように習慣にしてしまえば、辛くはありません。

わざわざ頑張ってやるダイエットは大変ですが、太らない生活が習慣になってしまえばしめたもの。辛い思いをせずに体重キープができますよ。

「ダイエット」は一生です

実は、「ダイエット」という言葉は本来「日常的に食べるもの」や「生活習慣」という意味のギリシア語なんだそうです。つまり、痩せることではないのですよね。

本来の意味で考えると、「ダイエット」は一生続くもの。一時だけ無理して頑張るようなことは続きません。毎日少しずつ気を付けて習慣にしていくものだと思います。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中