やらなくてすめばラッキー?PTAって結局誰のためにやるの?

2021/12/04
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

幼稚園のPTA会長をしているサンキュ!STYLEライターのマミです。

PTA役員といえば、「なるべくやりたくない、やらないで済めばありがたい」なんて思ったりもしますよね。時には揉めることもあったり、ママさんたちの悩みのタネでもあります。

結局PTAって、誰のためにやるのでしょうか?

子どものためと思って引き受けるのが普通

PTAの役員を引き受けるのは、みなさん子どものためだと思います。我が子のためや、他の子どもたちみんなのために人肌脱ごうと思って、頑張っている人もたくさんいますよね。

でも、時にはプライベートを削ってまでPTAの仕事をやらなくてはいけない時もあり、自分の子どもに我慢させるようなことがあったりすると「一体なんのためのPTAなの?」なんて思ってしまいます。


でも結局最後は自分のためになる!

PTA役員なんて無料奉仕のボランティアでいいことないよ…なんて思うこともありますが、でも、この経験も色々役に立ったなと思うこともありませんか?

役員になっていなければ知り合えなかった人と知り合えたり、さらに仲良くなれたり、幼稚園や学校の組織の仕組みがわかったり。

行事などがあれば、何かをやり遂げるという達成感を味わえたりもしますよね。大変なことだけということはありません。

たとえ嫌なことがあったとしても、自分の経験になり、後々役に立つことだってたくさんありますよ。

他の誰かのためにというだけで頑張るのは結構大変ですが、すべては自分のためにもなっている!と思えば結構頑張れる気もしませんか?


人生にムダな経験なんてきっとありません!

「子どもたちのためだから」それだけで頑張れるのならいいのですが限界もあります。自分の為にもなっている!この先の人生で役に立つこともあるかも?そう思うと、「すべては経験、頑張ってみるか」なんて思ったりもします。

私もPTA会長になって、PTAネタを何回かサンキュ!STYLEに書くことができ、もうすでに自分の役にたっていますよ。任期も残り少なくなってきましたが、引き続き自分のためにも頑張りたいと思います!

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。
※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。

計算中