「たったひとつのこと」に気を付けるだけで家事は楽になる!

2021/02/24
  • 音大卒で元家政婦で今は主婦。主婦歴20年、園児と中学生の年の差兄妹の母。2級家事クリエイター(料理・掃除科目)の資格を保有。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年のサンキュ!STYLEライターマミです。

元家政婦の経験を活かし、毎日の家事を楽にしたい!といつも思っている私です。家事を楽にする方法は色々あると思うのですが、結局やっぱりこれしかない!と思う事を今日はお話したいと思います。

結局は「すぐやる」こと!

家事を楽にするたったひとつの方法。それは「すぐやる」ことです。「え?そんなこと?」と思うかもしれません。それに、「そんなことわかっちゃいるけど、そうはいかない時もあるのよ。」とも思いますよね。でも待ってください。家事がうまく回らない時や、やらなきゃいけないことが溜まってしまっている時、それは「後でやろう」とすぐにやらなかった時ではないですか?

これは、私自身にも言えることで、いまだにいつも出来ているとは思えないのですが、「あーなんかうまくいかない!いい方法ないかな?」なんて思う時、結局すぐにやらなかったことで家事を溜めてしまったことに気づくのです。

ちょっとしたことを後回しにしない

全てをいつも完璧にやりきろうとは言いませんし思いません。でも、ちょっとしたことを後回しにしないクセをつけてみましょう。例えば、料理をしていてちょっとだけ飛ばしてしまった調味料。「ちょっとだけだし料理が終わったら後で拭こう」なんて思ったりしますよね?でも結局忘れてしまって、汚れが固まってから掃除する羽目になったり。

帰宅時に、「とりあえず疲れたからちょっとだけここに置いておこう」とチョイ置きした荷物やDMなど、いつの間にか溜まってしまって気づけば散らかし状態。

両方とも、すぐにやってしまえば大したことではなかったのに、後回しにすることで面倒な事態を引き起こすことになりますよね。ちょっとその場で拭いたり、帰宅時にそのまま仕舞ったり捨てたりしていれば、わざわざ掃除したり片付ける手間はかからなかったことです。

結局はすぐやることが一番ラク!

面倒なようで、その場ですぐにやることが実は一番楽な方法だったりします。「ちょっとだから後でやろう」と思う事は、その場でしてしまいましょう!それから、「全てを今やるのは大変かもしれない」と思う事だけを、「もうちょっと楽に出来る方法はないかな?」と考えていけば、家事をもっと楽にしていけるかも?そんな風に思います。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と中学生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中