レトルトスープを立派なおかずにワンランクUP!する方法

2020/06/27
  • 栄養士/幼児食アドバイザー/フードコーディネーター。幼児食の料理教室、オンラインレッスンを主宰。 もっと見る>>

サンキュ!STYLEライター、栄養士/幼児食アドバイザーの麻実です。

忙しい時間帯の朝ごはんやお昼ごはんなどに、手軽に作れるレトルトスープ。食品売り場に行くと、たくさん種類がありますよね。中には具沢山のスープや、パンやパスタが入っている商品も。そんなレトルトスープをお家でワンランクUPさせてしまう作り方をご紹介します♪

パスタのソースに活用して旨みアップ!

コーンスープのレトルト(粉末)で、クリームソースがおすすめ。フライパンで具材を炒め、全体的に火が通ったら豆乳(もしくは牛乳)を加える。量は、具材がヒタヒタにつかるぐらいの適量でOK!あとは、大人2人分なら2袋分(2人前)のレトルトを入れ、混ぜながら溶かす。我が家は、大人2人+幼児1人で、2袋で作ります。あとは、小麦粉や片栗粉でとろみをつけ、茹でたパスタと和えれば完成♪お好みでチーズやハーブをプラスすると美味しさアップに♪

スープに野菜をプラスしてワンランクアップ!

この日は、オニオンのレトルトスープには野菜と玉ねぎをプラス。野菜を蒸しても良し、炒めても美味しいです。また、肉や魚を足せば、立派なおかずに。ご飯やパンにレトルトスープだけだと栄養が偏ってしまうので、少し栄養をプラスしてワンランクアップのスープにすれば、代謝もアップに!朝ごはんに野菜を炒めるのが面倒、作りおきがない!なんて時におすすめです。

レトルトスープでササッと美味しい食卓に♪

いつもと変わらないレトルトスープをいろいろとアレンジして、自分だけのオリジナルのレシピにアレンジしてみてください♪レトルトも、使い方次第で栄養価はぐんとアップ!スープだけでなく、他のレトルト食品でもプラスしてみましょう。ぜひ、お試しくださいね。

□記事を書いたのは…川田 麻実
子連れ幼児食のイベントや料理教室を主宰。栄養のこと、食育について発信中。

計算中