5秒座るだけで痩せる!?妊娠前より痩せた40歳が続けている坐法とは

2020/03/24
  • 主婦力ゆっくり向上中のダメ母。「食いしん坊が太らないコツ」に、少しだけ詳しい調理師でもあります。もっと見る>>

子育てに武士道を取り入れたい、2歳差小学生兄妹の母、acoです。

以前書いたダイエット記事
「17年間体型維持した40歳2児の母の太らない朝昼晩 」ですが…

剣道をやっていた私には身近だった「そんきょ」が、多くの人に伝わっていなかった。
と、あとで気付きました。

「そんきょって何かしら?」とウィキ様に頼ると、「身体を丸くしてしゃがむ」と書かれていますが、それは私がやっているものとは違うのです。

今日はそれのやり方と効果について詳しく説明したいと思います。

腰痛予防に「和」の心

剣道では、向かい合ってそんきょをし、それから竹刀を合わせます。
相撲でも、立ち合いの前後にそんきょして見合いますね。
思い浮かぶでしょうか?

古の日本では、敬礼を意味する坐法だったこの座り方が、ひざ周りの筋肉を鍛え、体幹を整えるのに効果的なのです。

私が行っているそんきょは

まず、足のつま先を90度に開き、気をつけの姿勢になります。
そこから、膝を開いて爪先立ちでかかとの上にお尻をのせるように腰をおろします。
背筋はぴんと伸ばしておきます。

これが「そんきょ」の姿勢になります。
(かかとをつけたままだと、和式トイレ風になりますね)

女性におすすめ!

椅子や洋式トイレを使うことが多い現代、なかなかしない姿勢です。

でも「骨盤底筋」を鍛えられるから、女性に嬉しい効果を期待できるんです。
産後経験した方も多いのではないでしょうか?尿もれ。
それの予防になります。

骨盤を引き締めますので、ポッコリお腹をなくし、くびれや小尻効果も期待できます!

さらには、骨盤周辺の血流が良くなると、子宮や卵巣の環境が整いますので、毎月辛い思いをしている方にお勧めしたいです。

歩き方や生活習慣でゆがんだ姿勢を整えるのにも効果的。

体幹が整うので、デスクワークや長時間のスマホ利用による、猫背や腰痛の改善にも効果あり。

と、いいことづくめなのです。

たった5秒でOK!

美容のためなら、1回につき5秒キープを朝昼晩の3回だけでいいそうです。

合わせてたったの15秒!それでヒップアップできたら素敵じゃないですか?

1回5秒でも「わざわざ」では、面倒と感じる方がいるかもしれません。
そんな時は、例えば洗濯物を取るときや、床に落ちたものを拾う時などに、腰を曲げるのではなく、ひざをつくのでもなく、1回1回そんきょ。

これなら、回数も時間も数えることなく、いつでもできます。

そんきょの魅力、伝わりましたでしょうか?
1日たったの15秒です。ぜひお試しください。

※足腰が弱かったり、体にゆがみがあると転びやすいので、初めての方は壁やいすに手をついて行ってください。

◆記事を書いたのは・・・aco
これができれば、混雑時でも空いていることの多い和式トイレを利用できるので、女性にこそ「そんきょ」を身につけてほしいと願っています。

計算中

関連するキーワード