父と母と娘の釣り

片づけまでが外出~帰宅後のルーティーンは身についていた~【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2020/09/23
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 こんにちは。生活・美容・子育て・人間関係などについて、40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。【24歳】と【19歳】の娘たちの子育てから、我が家流に感じたことを書いております。

外出の多い家

 わが家、子どもたちが小さいころから、夫のサーフィン・キャンプ・帰省・川・遊び、などなど、休日は外出の多い家でした。おそらく、20年以上前の元気な私たち(親)が楽しみたかっただけなのでしょうけれど、娘たちは「あそこ行ったよね」「ここ覚えているよ」と言ってくれるので、振り返れば、引っ張りまわしたあの時間は悪くなかったのかもしれません。

出先への荷物が多い我が家

 自然はお安く済むのが魅力のひとつですから、無駄な出費を省くため、飲み物・食べ物・使うものは、現地やコンビニでの調達をできるだけ避け、家で用意できるものは持っていくのが我が家流でした。ですから、荷物は多く、用意も片付けもひと仕事。家族総出でやります。

Flying Colours Ltd/gettyimages

片付けは大きいものから

 あくまでも私の方針ですが、家族には「楽しかった時ほど、そのあとを大切に……」と伝えてきました。小さくてもできることがあります。持てるものを車から運び出す・砂のついたおもちゃやサンダルを洗ってウッドデッキに干す・洗濯物をかごに入れる・自分の物を自分の部屋に運ぶ……などはできるのです。また、細かい片付けは翌日にまわすとしても、大きなものから片づける(元に戻す)ようにすると、家の中は片付いて見えると感じています。

『片づけグセ』がついている

 ある年齢になった頃、気がつきました。二人+夫までも(驚)、出かけた後の片づけグセができていることに!車を降りる時には、皆が手分けをして荷物を運び、私が早めに洗濯機を回せるよう(洗濯と片付けは同時進行なので)着替えて洗濯物を出します。キャリーバッグやクーラーバッグなど大きいものの中身を出し、早めに空にする。乾かす必要のあるものはウッドデッキに並べる。そのスピードの速いこと、速いこと。

夏期休暇・国際旅行
elenabs/gettyimages

片付けって、クセづけや慣れかも……!?

 わが家は、帰宅したらまずはゆっくり……というより、皆がある程度の片づけをしてから、入浴や休憩・睡眠に移るので、海外旅行など長期の外出でも、家の中がスッキリし、居心地が良いなと感じています。
~片づけまでを含めて外出~。
家族を見ていると、これも、一つのクセづけや慣れなのかな……と思ったりしております。



この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。




計算中

関連するキーワード