ヘルシーな日本料理

『具体的に・ハッキリ・丁寧に』伝えればこそ【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2020/09/28
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

こんにちは。生活・美容・子育て・人間関係などについて、40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。【24歳】と【19歳】の娘たちの子育てから、我が家流に感じたことを書いております。

私の頭の中だけで想像し 伝えたこと

 ある日、忙しい中でもサラダや汁物、副菜などを作りました……が、何かが足りない。そんな時、「今から帰るよ~」とバイト帰りの二女からLINEが届きました。『おぉっちょうどいい!』乗換の駅中には、お惣菜を売っている店が色々あります。
『何でもいいから食べるものを買ってきて。いろんなお店が入っているでしょう?』と私。
「なんでもいいの?ママも食べる?」
『うん、なんでもいいよ。あなたが食べたいものをお願い』。
あぁ良かった……と安心した私がいました。

かみ合わない会話

 「ただいま~」。
いつも通り、充実した笑顔で帰宅した娘の手元には大きなタピオカドリンク。
『おかえり~!何かいいものあった?』
「うん、これ(タピオカ)!ママも飲むでしょ?」
『あっ、ありがと。それから?』
「ん?これしか買ってないよ。私、おなかすいてないもん。」

『え?………そういう事じゃなくて』

公園でタピオカを飲む女性
west/gettyimages

家族だから、言わなくてもわかるはず……は通じない

 当然そのあとは、
「なんでもいいって言ったじゃん」
『言ったけど、飲みたいものじゃなくて食べたいものって言ったもん』
とかなんとか、私が無駄に駄々をこねる(汗)
 けれど、どう考えたって、問題は私にあるのです。説明不足・具体性が足りない。娘たちが小さい頃から、大切だと思っていたことなのに。家族だから、言わなくてもわかるはず……は通じない。認識していながら、何度も同じ失敗をしています。

ざっくばらんな表現は うちの子には通じない

 子育て中、気がついたのです。「早く・しっかり・ちゃんと・急いで・なるべく」など、ざっくばらんな表現は、うちの子には通じないのだと(汗)。
 『具体的に・ハッキリ・丁寧に』伝えればこそ、相手は理解をしてくれる場合がある。(それでも伝わらないことだって……)一人ひとり、個性をもった人間だからこそ、小さい頃に限らず、成長した娘たち、夫・母にも言えること。伝えるこちら側が気をつけた方が良いことなのです。

改めて、「具体的に・ハッキリ・丁寧に」伝えることを心がけようと思いました。
食事を作ったらメインのモノが足りません。あなたが食べなくても他の人のために、
焼き鳥とか餃子とか、カツとか何か〇円分くらい買ってきてもらえませんか?と。



この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。

計算中

関連するキーワード