焦点を当てたハートサインを作る小さな娘を持つ幸せな若い母親。

家族それぞれが違うからこそ良い場合もある【連載:輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと】

2020/10/15
  • 6月より新コーナー「輝く50代に向けて…30~40代でやっておきたいこと」をOPEN!心理カウンセラー・エッセイスト。講演、各メディアへの出演など多方面で活躍。もっと見る>>

 こんにちは。生活・美容・子育て・人間関係などについて、40代後半の気づきをリアルに書いているカウンセラー/エッセイストの若松美穂です。【24歳】と【19歳】の娘たちの子育てから、我が家流に感じたことを書いております

自分の子なのに よくわからないが多発!

 娘たちが幼稚園児や小学生の頃から、私は、よく思っていました。
「自分とは全然違う」「そう考える?そんなことしちゃうんだ!」「私はその発想、したことがないな~」と。もちろん、別の人ですし、個性もあります。自分の子ども時代とは、暮らしている地域や環境・周りにいる大人たちの違いもあるのでしょう。けれど、自分が育てた子どもなのに、こうも異なるの……と何度も驚きました。

子どもは私に”チャンス”を運んでくる人

 ですから、ありがたいことに、一つの物事でも自分とは異なる考え方や対応を教えてもらいました。実際にはああでもない、こうでもないと言い合いになることもあるのですが、時間が経つと思うのです。「新しい方法を、私に教えてくれたんだ」「そろそろ、別の考え方も取り入れた方がいいよという、メッセ―ジなのかもしれない」「ママがずっとそのやり方だったとしても、正しいわけじゃない、今が変化の時だよ」って言っているんだな~と。

友情と愛のアイコンとしての握手の心。連続線画画。手描きの落書きベクトルイラストを連続線で描いた。線画装飾デザイン
prezent/gettyimages

家族の後押しで 今の私がある

私にとって子どもたちは『自分にないものや不足しているものを運んできてくれる人・新しい価値観を教えてくれる人』です。夫もまた同じ。考え方も行動も違い過ぎて、ぶつかったり、腹が立ったり。納得できないことや理解できないことが山ほどあります。ですが、仕事に関しては、夫の後押しがなかったら、今の私はないと思うのです。

異なった考えに背中を押されることがある

 周囲からは、どんなことも自分で積極的にやっているように見えるらしいのですが、実際の私は違うのです。個人でする仕事なのに、ま~、決めるのが苦手。気が小さいので迷いがち。勇気が出なくて、ブレーキを踏み、立ち止まってしまうことも……。
 そんな時、夫が言います。「面白そう!やってみたらいいよ」「どうせ“いつか”するのなら、早めにやってみよう」「お金がかかるって言ったって、いつかはかかるのだから、今かけちゃいなよ」って。

彼女の胃の上に心臓の形を作る女性の手, 健康な腸の消化, 腸の健康のためのプロバイオティクス
ThitareeSarmkasat/gettyimages

どちらかだけが良いとは言い切れない

  家族や夫婦で、考え方が異なって……というお悩みは多くあります。ただ私は、それぞれが、異なるからこその面白さや良さもあるのではないかと思っています。受け入れるかどうかにもよりますが、色々な人がいる、様々な考え方があるのだと知ることができるだけではなく、選択肢も増えますよね。
ちなみに夫婦間では、アクセルを踏みがちな夫に対して、私のブレーキが役に立つ場合も大いにあるのです(笑)



この記事を書いたのは……若松美穂

心理カウンセラー・カラーセラピスト・エッセイストとして活動。
心理学講座やカウンセリング・カラーセラピー・お茶会という名のおしゃべり会を全国各地で開催中。大学生と社会人の姉妹を持ち、子育てに一段落した今だからこそ発信できる家事・育児に役立つ情報を発信しています。


計算中

関連するキーワード