コツは2つだけ!外はカリっと中はホックリなおいしいフライドポテトのつくり方

2021/09/07
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年以上のサンキュ!STYLEライターマミです。
子どもも大人も、みんな大好きなフライドポテト。自宅で作るとべチャッとしたり焦げたりと、上手くいかないことも多くありませんか?今日は、お家でも簡単にできる「外はカリっと中はホックリ」なおいしいフライドポテトのつくり方をお伝えします。

フライドポテトの作り方

材料(3~4人分)

じゃがいも 中2個
片栗粉 大さじ2
塩 適量

1.じゃがいもを食べやすく切る

じゃがいもは皮をむき芽を取って、1センチ角くらいに長細く切ります。

2.ポリ袋に入れ片栗粉をまぶす

切ったじゃがいもと片栗粉をポリ袋に入れ、フリフリしてじゃがいも全体に片栗粉をまぶしつけます。これがひとつめのコツです。そのまま素揚げすると、べチャッとなりがちですが、片栗粉をつけることによりカリッと揚がりますよ。

3.火を付けずに油にじゃがいもを入れる

フライパンに2㎝ほど油を入れて、火を付けない状態でじゃがいもを入れます。これが2つめのコツです。油をあたためてからじゃがいもを入れた方がいい気がしますが、そうすると火が通る前に焦げてしまいがちです。しっかり火を通すために、油がまだ冷たい状態から揚げていきます。中までホックリ揚がりますよ。

じゃがいもを入れたら中火で火をつけ、そのままきつね色になるまでじっくり揚げていきます。いもがくっつかないように、たまにお箸などで混ぜながら揚げてください。

4.塩をふったらできあがり!のりしお味もおすすめ

じゃがいもに火が通りきつね色に揚がったら、網やキッチンペーパーの上で油を切り、塩をふって出来上がりです。おすすめは、さらに青のりをかけた「のりしお味」です。青のりの香りがよく、大人のおつまみにも、子どもにも好評ですよ。

コツは「片栗粉」と「火を付ける前に油に入れる」の2つです

お家でカリっとおいしいポテトを揚げるコツは、揚げる前に片栗粉をまぶすことと、火を付ける前にじゃがいもを油に入れてから揚げていくことの2つです。冷凍ポテトも充分おいしいのですが、お家で作った揚げたてポテトはカリっとホクっと、また格別のおいしさですよ。ぜひお試しください。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライタマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中