捨てるの待った!その鶏皮でコク旨チャーハンを作っちゃおう!

2021/09/25
  • 主婦歴21年で元家政婦の2級家事クリエイター。園児と高校生の歳の差兄妹の母でもあります。もっと見る>>

元家政婦で主婦歴20年以上のサンキュ!STYLEライターマミです。

鶏肉の皮ってどうしていますか?もしかして、カロリーが高いからと捨てたりしていませんか?それちょっと待った!

鶏皮は、栄養もあっておいしい食材なんです。今日は、鶏皮をつかった「コク旨チャーハン」のつくりかたをお伝えいたします。

材料(2人分くらい)

鶏皮 1枚
ネギ 10センチくらい
ご飯 茶碗にこんもり2杯くらい
玉子 2個
顆粒の鶏がらスープ 大さじ1
塩コショウ少々

1.鶏皮とネギを切る

ネギはみじん切りにし、鶏皮は2~3センチ角くらいの食べやすい大きさに切っておきます。

鶏皮は包丁では少し切りにくいので、キッチンバサミで切るのが切りやすくおすすめです。

2.鶏皮をカリっとするまで炒める

フライパンを中火で温め、鶏皮を炒めていきます。鶏皮から油が出て、カリっとするまで炒めたら、鶏皮を一旦フライパンから出します。

フライパンには、鶏皮から出た油が残ります。この油でチャーハンを作っていきますよ。これがコク旨のポイントです。

「ちょっと油が多すぎるかも?」と思う人は、この時点で少し減らしてくださいね。

3.ときほぐした玉子を油に入れる

火は中火のままで、そこにときほぐした玉子を入れます。

4.ご飯、ネギ、鶏がらスープも入れて炒める

玉子の上に、ご飯、ネギ、鶏ガラスープも入れて、たまごとご飯を切るように混ぜながら炒めます。

5.鶏皮を戻し入れ塩コショウで完成

最後に、鶏皮を戻し入れ、塩コショウで味を調えれば完成です!

おいしくて栄養のある鶏皮を活用しよう!

カロリーが高くて健康に悪そうなイメージのある鶏皮。でも、鶏皮はコラーゲンです。鶏皮の油は、不飽和脂肪酸が豊富なので身体に悪い影響もありません。

しかも、「チー油」と言われる旨味の多い油なんですよ。ラーメン屋さんでも仕上げの油として使われていることもあります。

その油でチャーハンを作れば簡単にコクが出ておいしいチャーハンができるのです。鶏皮は捨てずに活用してくださいね。

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
2級家事クリエイター(料理科目・掃除科目)音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と高校生の10歳年の差兄妹の母でもあります。

計算中