毎日の家事がラクになる!映えないけど使いやすい冷蔵庫収納

2022/03/25
  • 中2・小3・小1の三兄弟の母ちゃん。家が大好き。面倒くさがりの整理収納アドバイザーです。 もっと見る>>

ズボラな整理収納アドバイザー、サンキュ!STYLEライターせのお愛です。

日々、在庫の変動がある冷蔵庫。どう収めれば使いやすいのか、難しく感じる方も多いのではないでしょうか。
でも大丈夫!映えないけど簡単で、家事がラクになる方法をお伝えします。

自分でできる仕組みづくり

袋から出せるものは出して、サッと取れるように。

家事の途中に「○○取ってー!」と言われて、手が止まってしまうこと、ありませんか?
入れ方や位置を工夫すれば、自分で取ってくれるようになりますよ。

子どもも飲食するものは取りやすく。

・アイスやゼリーは、袋から出して取りやすく。
・子ども用のお茶は、小さめボトルで持ちやすく。
・子どもも飲食するものは、手の届く高さに。

たったこれだけですが、呼ばれることは無くなりました。

“ついで冷凍”コーナーで家事ラク

カットした野菜。パパっと入れるだけで、具だくさんのお味噌汁がつくれます。

家事はラクにしたいけど、作り置きは面倒…。そんなズボラさんには、“ついで冷凍”がおすすめ!

・余ったご飯を冷凍する時、“ついでに”おにぎりに。
鶏そぼろや鮭フレークなど、日替わりで毎日少しずつ冷凍。休日のお昼ご飯にとても重宝しますよ。

・野菜やお肉を切る時、“ついでに“多めに切って冷凍。
包丁なしで、お味噌汁やチャーハン、ハンバーグだって、できちゃいます。

冷凍庫に“ついで冷凍“コーナーをつくることで、毎日のお料理がグンとラクになりますよ。

何でもかんでも詰め替えない

白い容器が美しく並んだ冷蔵庫も魅力的ですが、ズボラな私には向いていませんでした。
ドレッシングもお味噌もそのまま。その方が、何がどこにあるか一目瞭然!

容器を買って、詰め替えて、空いた容器を洗ってまた詰め替えて…。その手間をまるっと省きました。

卵は、パックのフタ部分を下に重ねるだけ。冷蔵庫に付属していたケースは、移し替えるのが面倒で手放しました。

見た目よりも効率重視!

冷蔵庫の中は、映えなくても気にしません。閉めてしまえば分からない!

・パッと見て何がどこにあるか分かる。→探す時間も、フードロスもゼロに。
・子どもに「取ってー!」と言われない。→家事の手を止めなくていい。

毎日の家事がラクに、効率よくできる冷蔵庫収納。暮らしのヒントになれば嬉しいです。


■この記事を書いたのは・・・せのお愛
・整理収納アドバイザー ・クリンネスト1級
片づけ、掃除、暮らしのアイデア、子育てのこと。お母さんも家族も機嫌よく過ごせるお家のヒントを発信中。お家でダラダラ過ごすのが大好きな、三兄弟の母ちゃんです。

計算中